2006 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 01

悲しいお知らせ

田中 邦和グループ"trio siplac"@モーションブルーヨコハマ2days、終了致しました。
お越し下さったみなさま、ありがとうございました。
2日目の小沼 ようすけくんを迎えたセッションは、彼らしいファンキーなムードで
いつもと変わらずよい感じでした。

さて、明日2日は西麻布バーグラーで初のソロ、ですが、
明日のギグがわたくし名義のバーグラーでのギグとしては
最後
となります。

9月2日のバーグラー2
Sep 2, 2006,with TOKU and Tommy
大変残念なのですが、バーグラーは本年12月26日をもって閉店となるそうです。
このお知らせは4日ほど前にオーナー東落 みどりさんより伺いました。
あまりに急な事で本当に戸惑いましたが、彼女の苦渋の選択は個人的にも理解出来る事
でしたので、これを受け入れるよう考えました。
わたくしにとっては8月に「LIVE AT BURGLAR」をリリースしたばかり…。
そしてここではわたくしにとってたくさんのかけがえのない友人が出来た場所でした。
そしてたくさんのFUNが出来たお店でした。
9月2日のバーグラー1
ここのHammond B-3 Organは今でこそよい音がしますが、オープン当初はレスリーの
ホーンにディフューザーもなく、曇った冴えないサウンドだったのですが、わたくし自身も
メンテに立ち会ったりして「整備」というメンテではなく、「整音」というチューニングを
施し、今では最高のよいサウンドがするようになり、わたくしも大好きなオルガンなのです。
というわけで最後のギグ、一生懸命務めさせて頂きたいと思います。
是非バーグラーが好きな方、まだ一度も来た事がなく行きたいと思っていた方、
お越し下さい。最後なんです。
スポンサーサイト



2006..01 Gig comment6 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索