2006 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 01

美奈子さんTrio"CUBE" at STB139

ちょっと経ってしまいましたが、今週10日(日)にSTB139にて、
吉田 美奈子さんと倉田 信雄さんとわたくし河合のトリオで行われました!
たくさんのお客さまがお越し下さいました。ありがとうございました。
実はこの公演、わたくし河合が美奈子さんに懇願して実現したライヴでした。
普段、美奈子さんとのデュオの際、美奈子さんと倉田さんとのデュオを大変参考に
させて頂いている河合としましては、是非、倉田さんと3人で行いたいと思うように
なっておりました。
今回のライヴは本当に嬉しいとともに、すべてが感無量でございました。
美奈子さんトリオ
倉田さんは17年前に"見習い"としてつかせて頂き、この世界に入るきっかけを
下さった恩師でございます。ここ3年は美奈子さんのThe Bandとして光栄にも
ご一緒させて頂くようになり、その時点で十分に感動的なことでしたが、3人でと
いうことになれば今までとは別の事となるわけでして、上記に書いた通り、
感無量というわけでした。
そして美奈子さんはと言えば、いつもながら繊細で丁寧、そして言霊のような
サウンドでわたくしどもを引っ張って下さいました。
実際行っている自分でさえ、聴き入ってしまう場面があるんです。
そんなライヴでした。
12日はこのトリオで京都RAGさんに伺いました。ハモンドは持って行けなかったので、
大阪でいつもお世話になっているYSコーポレーションさんよりお借り致しました。
山本さん、いつもながらコンディションのよいわたくし好みのB-3をご持参頂きまして
ありがとうございました
RAGさんもたくさんのお客さまにお越し頂きました。嬉しかったぁ~!
今年になって京都に伺うのは3回目。結構来てまして来るたびに錦市場に行っては
三木鶏卵の出汁巻き玉子を買って帰ってくるのが定例となっております(笑)。
写真は錦市場内「やお屋の二かい」というお店で食事を致しました。
錦での食事
京野菜を扱うお店がやってるお店なので、野菜がふんだんに使われておりました。
というわけで、来週21、22日はブルースアレイで美奈子さんとデュオです!
頑張ります!
スポンサーサイト



2006..14 Live comment2 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索