2007 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 06

美奈子さんDUOツアー@京都RAG

目黒Blues Alley Japanでの2Daysののち、京都RAGに伺いました。
平日にも関わらずたくさんの方々にお越し頂きました。
ありがとうございました。
写真は関西でいつもHammond B-3レンタルをお願いしております
YSコーポレーションさんの搬入の様子です。
RAG前にて 5/31/07
最近はわたくしもB-3を運ぶようになりましたので、いろいろ参考に
なる事がございました
山本さん、腰、大事にして下さい(笑)。
スポンサーサイト



2007..31 Live comment0 trackback0

美奈子さんDUO@Blues Alley Japan 2日目

吉田 美奈子さんDUOの2日目です。
BAJ 5/27/07_1
そうそう、今回は美奈子さんとのDUO公演でいちばん演目が多かった
ライヴだったと思います。
1部に8曲、2部も8曲でその他にアンコールを頂きましたので、
お客さまにはかなりお得だったと思いますです
BAJ 5/27/07_2
今回はアルバムSPELLより「PRECIOUS」を初めて演奏しました。
この後京都、名古屋と伺います。
2007..27 Live comment0 trackback0

美奈子さんDUO@Blues Alley Japan 1日目

吉田 美奈子さんとのDUO公演。
本年最初でございます。
かなり定着してまいりました、美奈子さんとのDUO公演
BaJ 5/26/07_2
我ながら公演を重ねるたびに深みを増しているように思います。
美奈子さんは昨今益々磨きのかかったVoiceでハモンドオルガンの音色に
折り重なってみたり、間を縫ってみたりされまして...。
ご一緒させて頂き、わたくしは演奏しながらにして感動致しております
BAJ 5/26/07_3
DUO公演の際には美奈子さんの計らいでわたくしのソロをお聴き頂いて
おります。
今回は直前まで1曲に絞れず演奏する間際まで「どうしよう?」と思って
おりましたが、結局2曲お聴き頂きました。
こののちの「BEYOND」はこの日の特別な演奏になりまして...まいりました
2007..26 Live comment0 trackback0

リバーブはいかが?

それは...4月に名古屋の小澤氏よりB-3を借りた時の事でした。
彼のオルガンにはTREK IIのリバーブが取り付けてありました。
お借りして演奏した名古屋スター・アイズでリバーブを少し
エフェクトとして(ホールのような残響としてではなく)使用
したところちょっと面白かったので、取り付ける事にしました
TREK IIリバーブ_1
これがユニット。デジタルではなく伝統のスプリング・リバーブです
取り付けはわたくしのすべてのオルガン、レスリーを診てもらっている
エンジニアのYさん
TREK IIリバーブ_2
A-100の後ろです。A-100はB-3に比べてキャビネットの容積が小さいので
入るか心配しておりましたが…
TREK IIリバーブ_3
無事ギリギリで装着されました
TREK IIのリバーブはサスティンが長く、かなり深く掛かるのでよい感じなのです
Yさんもいつもながらとってもきれいで丁寧な仕事っぷりでございました。
サウンドメイクもさらに幅が広がります
2007..23 Hammond Organ comment0 trackback0

河合 代介Group@Organ Jazz倶楽部

この日はかわいにとってかなり久々な編成でのギグでした。
テナーの河村 英樹くんをお誘いしたからです。
テナーを入れたわたくしリーダーのギグは...ほとんどなかったのです。
高校生の時初めて作ったグループがこの日のように、
ハモンドオルガン、テナー・サックス、ドラムスという
トリオでした。
河村くんとは今年2月8日に行ったFor Jimmy!'07に出演して頂いたのですが、
そもそもの出逢いは今は伝説となった西麻布のBar Burglarでのセッションでした。
そしてようやく一緒に演奏出来てよかったぁ
OJC 5/18/2007_1
そしてドラムの倉田 大輔くん。
彼とは去年わたくしがNew Yorkに演奏に行った時にオルガン・プレイヤーの
敦賀 明子さんに紹介して頂きました。
New Yorkでは彼と少しだけ演奏し再会を誓ったのでしたが、彼もその後
帰国することとなり、こうして東京で演奏することが出来るようになりました
OJC 5/18/2007_2
彼はハーレムでレギュラーギグを持っていただけあって、独特のグルーヴを
持っています。
またこのメンバーで出来るといーなーと思っておりますです。
2007..18 Gig comment0 trackback0

ゆでうずら

唐突ですが、わたくしかわいの出身地、愛知県豊橋は
うずらのたまごの産地で結構有名です。
東京でも結構、豊橋産のうずらを見かけることがあります。
わたくしもうずらにはごく自然に子供の頃より親しんでおりまして、
ざるうどんのつゆなどに落としたり、茹でて食べたりします。
この話を先日友人と話していたら、うずらのたまごを茹でて
食べた事がないと言いまして、こっちがびっくりしました(笑)。
うずらのたまご
おいしいんですよぉ!
お試しあれ
2007..10 日々の機微 comment3 trackback0

trio siplac@OJC

サキソフォンの田中 邦和くんのバンド、trio siplacとして
Organ Jazz倶楽部出演でした。
trio siplac@OJC 5/5/07
ドラムの哲也が普段使わないジャズセットがハウスドラムだったので、
彼の叩く音色がミスマッチで面白かったです。
今回は初めて「Besame Mucho(ベサメ・ムーチョ)」を演りました。
当日初めてリハーサルしアレンジしたわけですが、オルガンとしては
結構斬新なアレンジで気に入っております
trio siplac@OJC 5/5/07_2
お越し下さったみなさま、ありがとうございました
2007..05 Gig comment0 trackback0

日野 皓正さんと…@南青山Body & Soul

丸4ヶ月振りのBody & SoulでのTommy Campbell's Organ EYES Session Trio
でした。
今回はスペシャルゲストに日野 皓正さんを迎えました。
日野さんとは2年前にKANKAWAさん主催のジミー・スミス・メモリアル
でお会いはしていたのですが、演奏は無かったので今回が初めてでございました
Body & Soul TC Organ-EYES 5/3/07_1
写真はリハーサルの模様です。
目の前で聴く日野さんのサウンドは大きく、太く、そしてSexyでした
終演後「またやろう!」とおっしゃって下さいました。嬉しいなぁ
さて、Body & Soulに行くと必ずと言っていい程頂くのが、これ
Body & Soulのスパゲティ
名前を忘れてしまいましたがおいしいんですよぉ
トマトとクリームのパスタなのですが、これとコーラでもうゴキゲン
6月の出演スケジュールは無いのですが、7,8,9月と決まっております。
Please,Check it out!
2007..03 Gig comment1 trackback0

ほすぃ~!!

ちょっと前に散髪に行った時の事。
いつも行きつけの散髪屋さんで合間に雑貨がたくさん載っている雑誌を
観ていて思わず「おぉっ!」と叫んでしまった。
そこに載っていたのはミニチュアのグランドピアノ、Grand Pianistだった。

グランドピアニストグランドピアニスト
(2007/04/01)
セガトイズ

商品詳細を見る

外観はもちろん、弦が張ってある部分もかなり忠実に作られていて、
グランドピアノにそっくり。ミニチュア好きなわたくしの心をかなりくすぐる
しかしこれは、ただのミニチュアピアノではないのだ
なんとっ、実際に鍵盤を弾くと音が出るのだ
もちろんピアノの音。もちろん本当に鳴っているわけではなく、いわゆる
サンプリングだがあまりにリアルなディテールと、実際に鍵盤を弾いて
音が出るという、精密さにヤラレます。
ピアニストではありませんが、これほすぃ~!
もちろんこれがHammond B-3 Organであったらなおよい事は言うまでもない
2007..01 日々の機微 comment2 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索