2007 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 09

里見 紀子、河合 代介DUO@高田馬場Hot House

今日は日本一小さいジャズクラブ、高田馬場Hot Houseさんです。
ここのキャパシティはイス席約8名(長イスなので)なので、
いつものハモンドオルガンを搬入出来ません。そこでここでは
Hammond XK-3をベースにかわい風ちょーコンパクトオルガンセットを
組んで使用しております。
こんな感じです↓
HH 8/11/07_1
XK-3の上にYAMAHAのCBX-K1XG、ベースペダルはRolandのPK-5、
Leslieは2101Pをオシリ(笑)に敷いてイス代わりにしてます。
上鍵盤がミニ鍵盤のCBXなのでお客さまは「あんなに小さい楽器から
ハモンドオルガンの音がしているのか?」と質問を受けることも
ありました。当然音はXK-3から出ております。
さて、今回はバイオリンの里見 紀子さんと初共演させて頂きました。
HH 8/11/07_S1
眼が良くないわたくしの為に事前に大きく拡大コピーされた譜面を見ながら、
初めてのセッションが始まりました。
HH 8/11/07_2
里見さん、いつもはバイオリンにマイクを付けアンプで出すことが多いそう
ですが、今回はお客さまも近いので生音でとおっしゃって生バイオリンで
ございました。
HH 8/11/07_S2
とにかくお客さまとの距離が近い!
この日はキャパを大きく上回るお客さまがいらしたので、お店のドアの外も
臨時ホットハウス(笑)となっておりました。
スポンサーサイト



2007..11 Gig comment0 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索