2007 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 11

岡 淳、河合 代介DUO@表参道ヒルズ

サキソフォン・プレイヤーの岡 淳さんに誘って頂き、表参道ヒルズ内大階段と
いう同ビルのど真ん中で演奏してまいりました。
表参道ヒルズ 10/20/07_1
土曜日だったのですが、ヒルズは正直申し上げてさほど賑わっているという
感じでもなかったです。おそらく最初の頃の物珍しさが落ち着いてきている
のでしょう。
ビルの中という事で少し音量の制限がありましたが、ハモンドオルガンの
響きがビルにこだましてなかなかよかったです
表参道ヒルズ 10/20/07_2
岡さんには初めて誘って頂きご一緒させて頂きました。
たくさんのオルガン・プレイヤーとの競演もある岡さんでしたが、
素晴らしいToneの持ち主です
表参道ヒルズ 10/20/07_3
今回のオルガンはHammond New B-3
Leslieは122XBです。一時期New B-3にOld 122を繋いでましたが、どうやら
New B-3には122XBの方が相性がよいようです。
そりゃそーだ、それでチューニングしている、現行商品なわけですもんね
表参道ヒルズ 10/20/07_4
バックショットです。ちょうどプリセットを変えようとしているところで
ございます。
表参道ヒルズ 10/20/07_5
ご覧のように上から横から館内のお客さまが聴いて下さいました。
オフ・ステージで岡さんと話している時、11月に行われる楽器フェア2007で
お互いデモンストレーション演奏をすることになっていることを知って、
ハモンド・スズキブースで是非遊びましょう、と話したりして終えました。
スポンサーサイト



2007..20 Live comment0 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索