2007 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 01

美奈子さんDUO 1日目@Blues Alley Japan

12月にはもはや定例となりました吉田 美奈子さんとのデュオが
目黒Blues Alley Japanにて2日間行われます。
"Sentiment"と題されたライヴ、本日は1日目、初日でございました(笑)。
BAJ 12/21/07_1
今回のセッションは個人的に「初心」がテーマでした。
美奈子さんとのデュオ初演は2004年夏の池上本門寺でしたので、
4年半が経ちました。最初の本門寺のステージ前の緊張は今でも
よく覚えています。
BAJ 12/21/07_2
あれから4年半、美奈子さんとこうしてデュオという形で演奏させて
頂ける事に、いつも光栄であり名誉であり、感謝であると感じております。
そんなパフォーマンスをお客さまに観て頂ける事も、また感謝です。
BAJ 12/21/07_3
先日、美奈子さんとデュオでの初レコーディングが行われました。
詳しくは→こちら
実はその時わかった大切な事がありました。
それは演奏中にわたくしが発する声。
この声を美奈子さんはわたくしの演奏と同じように聴かれていたのです。
わたくしの演奏を間近でご覧になった事がある方ならご存知かと
思いますが、わたくしは演奏中、声がうるさい
しかしレコーディング・スタジオで美奈子さんとわたくしがそれぞれの
仕切りのあるブースに入り、演奏し出すとなにか違和感があった。
それは美奈子さんの声は当然わたくしには聞こえるわけですが、
わたくしの(演奏中に発する)声が…美奈子さんには聞こえなかったのです。
この事がわかったのはレコーディングが終了したのちでした。
近くで演奏する、相手のパフォーマーの息づかいを聞くという事の
大切さを今もって知ったのでした。
ちなみに昨今大きなステージで演奏される方の多くは、耳に直接装着する
イヤー・モニター(いわゆるヘッドホン)になっているようですが、
これでは上記のようなコミニュケーションは皆無です。
上記の写真では、美奈子さんが真横にいらして歌われております
歌そのものでなく、その人の息づかいまでよく聞こえる環境が望ましいです。
BAJ 12/21/07_4
というわけでそのレコーディングしました「ガラスの林檎」、
初演でございました
デュオ史上最速のテンポ(爆)。そして息つく間もないメロディ
演奏後の客席を見渡すと、お客さまの笑顔。
この日は先日も美奈子さんThe Bandでの公演だったSTB139に観に来て
下さった、カシオペアのキーボーディスト、向谷 実さんがお越し下さいました。
終演後楽屋まで来て下さり、お褒めの言葉を頂きましたです
向谷さんがA-100を見てみたいとおっしゃいまして、終演後ステージに戻り
ハモンドオルガンの説明や、演奏などして盛り上がりました。
向谷さんはもともとエレクトーンをされていらしたそうで、ベースペダルも
お弾きになってました流石。
ありがとうございました。
あとこの日はハモンド・スズキの敏腕営業マンK氏が来て下さいました。
彼のレポートがハモンド・スズキHPに掲載されております。
よかったら見てみて下さいませ。
さて明日は2日目、千秋楽です(笑)。
スポンサーサイト



2007..21 Live comment2 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索