2007 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 02

Leslie Model 32Hロードテスト中です!

その存在を知って以来、探しておりました幻のレスリーアンプ、
Leslie 32Hが昨年の10月にとうとう見つかったのです
昨年末にようやくメンテナンスが終了し、新年早々家でロードテストの
毎日なのです。
Leslie 32H_amp_1
写真左手前のレスリーに32Hアンプがインストールされております
ちなみにHammond B-3の右奥にあるのがLeslie 21H、
その右にあるのがLeslie "The Tall Boy"31Hでございます。
へんな部屋
ところで32Hってなんなんだ?というアナタ
ごもっともです。
Leslie 31Hのハイパワー&ダウンサイジング・バージョンなのです。
レスリースピーカー発案者のドン・レスリーが作りたかったサウンドは、
彼が初期に製造した30Aから31Hのシリーズであった。
Mr.Don Leslie
Mr.Don LeslieとミニチュアのLeslie 122
この31Hには3つのバージョンがあるのだが、それの最終バージョンに
この32Hアンプがインストールされていたのである。
32H Series IIIという、このアンプがオリジナルでインストール
されたのは31Hと、122と同じ大きさの21H Series IIIアンプ
だと推測しています。この時期のレスリーモデルについて詳しく
記述してある文献もネットのページも無いほど、マイナーな話で
ございます(爆)。
ちなみに32Hアンプのシャシーの色には2種類あるようで、金色の
ものと122などと同じように銀色のものがあります。
Leslie 32H_amp_2
今回うちに来たのは金色の32Hアンプでした。
とても程度良好で綺麗です
もともとこのアンプを探したきっかけは、21Hのサウンドは素晴らしい
のだけど、出力が20Wと小さい為、どうしても最後にパワー不足を
感じてしまう為、21Hのパワーアップ版、そしてあわよくば31Hの
グレイトなサウンドを21Hの大きさで少しでも再現出来ないか?という
思いから、いろいろ調べた結果、32Hアンプの存在を知り、回路図を
確認してイケるっ!と思い、今に至ったと。
Leslie 32H_amp_3
パワー管には5881という6L6の高信頼性版である珍しい真空管が
指定されています。現在はレプリカのTang-Sol5881管を使用しています。
メンテナンスの際に真空管のソケットをセラミック製、ソケット部分は
金メッキのものにすべて交換しました。
こうして幻の21Hキャビネットに32Hアンプをインストールしたもの
が完成しチェック中ですが、無事に問題が無ければシェイク・ダウンを
この1月21日にモーションブルー・ヨコハマで行われるわたくしの
ソロ・ライヴで行おうと思っております。
この日はスペシャル・ゲストに吉田 美奈子さんをお迎えし、
Jazz StanderdsをDUOでお届け致します。
是非是非、お越し下さいませ。
スポンサーサイト



2008..08 Hammond Organ comment1 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索