2008 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 04

Hot Houseのお料理

この日、高田馬場Hot Houseでサックスの鈴木 央紹さんと
デュオでした。
Hot Houseは他のジャズ・クラブとはちょっと違っている
ところがいくつかありますが、そのひとつに店主アキさんが
毎日こしらえているお料理があります。
その料理がまた全部おいしいんですよ
ある日、テーブルにセロリの塩漬けが出まして、
それがおいしいこと
さっそく聞いてみるとどうやら材料からこだわりがあるよう
「これでないとダメなのよ~」と下さったのがコレ
塩_1
奈良にある「つけもと」という会社の塩です。
なす漬けの方は塩のみなのですが、あさ漬けの方は
なんとっ、輪切りになったとうがらしが入っております。
これで漬けるとおいしいですよ~!
お奨めです
スポンサーサイト



2008..31 料理 comment0 trackback0

吉田 美奈子、河合 代介DUO 2日目@Blues Alley Japan

Blues Alley Japanにて美奈子さんDUOの2日目でした。
BAJ 3/27/08_1
今回デュオで初めて取り上げました曲は、
アルバム「Spangles」に収録されております"MIRROR TOWN"と
アルバム「LIGHT'N UP」に収録されております"斜陽"、
新曲の"Life"を入れた3曲です。
BAJ 3/27/08_2
"MIRROR TOWN"は師匠、倉田 信雄さんの楽曲でオリジナルは
ストレートな8Beat Rockに仕上げられておりますが、今回は
ダークなブルース調(?)にアレンジし、まったく違う感じに
してみました。
"斜陽"はFast Swingにしてやってみました。
BAJ 3/27/08_3
写真をご覧になりますとお解りのように、今回はLeslieを3台使用
致しました。
何故そうなったかというのは書きますと長くなりますので敢えて
割愛させて頂きます(爆)。
Blues AlleyさんにはHammond B-3 Organ、A-100 Organ
2台が常設されております。
さらにはLeslie Speakerも5台ありまして…すごいです。
ちなみに使用しているのは自分のA-100です
2008..27 Live comment0 trackback0

吉田 美奈子、河合 代介DUO 1日目@Blues Alley Japan

吉田 美奈子さんとのデュオ "passage" 2daysが
目黒Blues Alley Japanにて行われました。
BAJ 3/26/08_1
昨年12月以来のデュオでしたが、回を重ねれば重ねる程に密度が
深く、濃くなっていくのが自分でもわかります。
BAJ 3/26/08_2
今回美奈子さんの新曲「Life」が初演となりました
奥深い曲で美奈子さん風Gospelになりました。
BAJ 3/26/08_3
今回BAJでは新たにオルガン頭上カメラを設置して下さいました。
当日は写真左のように演奏の模様も見て頂けるようになっておりました
ハモンドオルガンは演奏中の動きが見えづらい楽器ですので、こういう
演出はたいへん嬉しいです。
2008..26 Live comment0 trackback0

成田国際空港CMレコーディング@Sound Inn Studio

成田国際空港、開港30周年記念のテーマソングのレコーディングに
伺いました。
音楽は吉田 美奈子さん。
美奈子さんとCMソングを創るのは初めてでした。
わたくしはシンセサイザーでの演奏のみで、ハモンドオルガンは今回は
まったく弾いておりません(笑)。
メインのコード、ベースとストリングス(もちろんキーボード演奏で)
などなどを順番にレコーディングしました。
美奈子さんCM 3/23/08_1
写真はコーラス入れ中の美奈子さん(ガラス奥)。
手前はミキシング・エンジニアの伊東 俊郎さん。
今回は歌詞がないので、いわゆる「歌」ではありません。
この曲は成田空港と、成田空港がスポンサードするTVミニドラマ番組
「空の港で」途中のCMで聴く事が出来ます。
くわしくは→こちら
美奈子さんCM 3/23/08_2
Talk Back MicとSSL Mixing Console
2008..23 Recording comment1 trackback0

DS-10、面白そう~

かわいのHammond XK-3cを核とした最小オルガンセット、
Xk-3c for DK Special_2
の上鍵盤として使用している、YAMAHAのCBX-K1XG
これ、発売されてからもう13~14年になりますが、出てすぐ
買ったのでそろそろガタが出てきて、先日もHot Houseで演奏中に
鍵盤が折れました(爆)。
なのでなにか代わりになるよいMIDIキーボードはないものか?と
昨年末より探していたのですが、そう言えばその昨年末に楽器屋で
コレを見かけたよ~な。
microKORG_bk_1
コルグの昨今の名機microKORGの鍵盤リバースバージョンです。
microKORG BKは300台限定だったそうで、すでにどこも売り切れ
これを河合 代介仕様のHammond XK-3cの上に置くとぴったり
だったのにぃ~、ちょい悔しい。microKORGのボコーダーも
好きなのよぉ
ところで、これを探している時にさらにびっくりするものを
見つけました
DS-10_1
DS-10というNINTENDO DS Liteで走るシンセサイザー・シミュレータ
なのです。
シンセサイザーに詳しい方ならこの製品の名前から、これが昔KORGが
作ったMS-10をモチーフに作られたのがわかりますね。
DS-10のサイトにはデモソングもあって聴いてみましたが、これが
なかなかちゃんとしてそうなんですよね。ポケットに入るシンセサイザー
ですよ
写真の通り、ワイヤリングぅ~のパッチングぅ~も出来てしまって
たったの4800円なんですよ。これが驚かなくてどうするって感じです。
くりびつてんぎょうです
7月24日、わたくしの誕生日の翌日(笑)、
それもamazonでのみの販売だそうです。

KORG DS-10(Amazon.co.jp限定販売)KORG DS-10(Amazon.co.jp限定販売)
(2008/07/24)
Nintendo DS

商品詳細を見る

こう見えてもわたくし河合 代介、YMOが日本でブレイクする前から
シンセっ子でした(爆)。
ハモンドオルガンとほぼ同次期に触り初めて、楽器屋で1日中触って
一度も音が出なかった(泣)という想い出がございます。
当時コルグのMSシリーズはmini moogを意識した(そりゃそーだ)
デザインでパネル面が対面になっていたり、ピッチベンドが
MOOGタイプのホイールであったりで当時よりまずまずの人気が
ありました。
それが今やDSといういわばゲーム機の中に...すごすぎる。
2008..22 Musical Instruments comment2 trackback0

SUEMITSU & THE SUEMITHさんのアルバムリリース!

昨年末に初めてレコーディングに参加させて頂いた、
SUEMITSU & THE SUEMITHさんのニューアルバム、
「Shock On The Piano」が本日リリースされました。

Shock On The Piano(初回生産限定盤)Shock On The Piano(初回生産限定盤)
(2008/03/19)
SUEMITSU & THE SUEMITH

商品詳細を見る

かわいの参加曲は「Boyz, Boy Don't Cry」とインスト曲の
「Skyscraper」の2曲です。
「Boyz, Boy Don't Cry」は2月に先行してシングルカットされて
すでにリリースされております。

レコーディングのハモンドオルガンの音、ドライに仕上げて下さり
本当に素晴らしいサウンドでとっても嬉しいです。
エンジニアは旧友、広瀬 修氏です。Great
イントロからがっつりGospelです(爆)。
是非聴いて下さい
2008..19 Recording comment0 trackback0

トム 兼松Session Trio 2days 2日目@HADOWS、浦和美園

ハドウスギグ2日目です。
ここは平日の夜にライヴが行われるので割とオトナのお客さまが
多いです。
そしてここのスタッフぅ~の素晴らしいこと
皆一丸となってライヴという"ショー"を作り上げている仕事ぶりが
本当に素晴らしいのです。
文章ではなかなか説明が出来ないです(笑)。
ハドウス、よいお店ですよ。ステーキもちろんまいう~です
日本ではこうしたステーキハウスで定期的にライヴを行っている
お店は少ないですが、アメリカにはたくさんありますね。
楽器演奏生で聴く機会極端に少ない日本には、
このようなシステムのお店がもっと増えて欲しいと思います。
Hadows 3/18/08_1
2日目もたくさんのお客さまにお越し頂きました。
1stageでは老夫婦がステージ前で踊ったりする風景がございました
音楽を楽しんでおられました。
Hadows 3/18/08_2
最後はJimmy Smithの「8 Counts For Rita」でお客さま全員で
8Countsして頂き、盛り上がりましたです。
そうそう、この日はOrgan Jazz倶楽部のオーナー、池さんがお店が
お休みとの事で、遊びに来て下さいました。
2008..18 Gig comment0 trackback0

トム 兼松Session Trio 2days 1日目@HADOWS、浦和美園

埼玉は浦和美園にあるイオン浦和美園内ステーキハウス・ハドウス
約1年5ヶ月振りに伺いました。
Hadows 3/17/08_1
浦和美園店のハドウスは1Fにあるので、搬入が少しラクです
幸い雨も降られず無事に搬入出来ました。
Hadows 3/17/08_2
右から、ハドウスのMusical Directorでギタリストのトム 兼松さん、
中央にMy Brother,Tommy Campbell、そして河合 代介です。
Hadows 3/17/08_3
トムさんの「Europa」は素晴らしいです
後ろにモールの他の店が見えますね
Hadows 3/17/08_4
MC中にスティックをFluteにしてしまったT.C.
相変わらず素晴らしいパフォーマンスです。
Hadows 3/17/08_5
最強セット、Hammond B-3 OrganLeslie 31Hです
明日もおいしいステーキを頂きつつ頑張ります
2008..17 Gig comment0 trackback0

Coffee Mateはおいしいのよぉ~!

3年前に初めてNew Yorkに行った時に、初めてコレを知りました。
教えてくれたのはNew Yorkでオルガンを弾いている敦賀 明子さん。
彼女が出してくれたのは以前にも紹介しましたCoffee Mateの
The Originalというものでした。
これがほんとにウマいんです。コーヒーを飲むのはブラック派ですが
これはイケます。で、このブログを見て下さったファンの方が
アメリカに行かれた際にこれをお土産に下さいました。
Coffee Mate_1
コーヒーメイトのヘーゼルナッツ味です。
コーヒーメイトには何種類かフレーバーがあるのですが、
オリジナルがおいしいのであまり他を試してなかったのですが、
これがウマいんです
Coffee Mate_2
お奨めですが、日本ではほとんど手に入りません(号泣)。
誰か輸入してぇ~。
2008..13 日々の機微 comment1 trackback0

某レコーディング@PLANET KINGDOM Studio

まずまずの天気であった日曜のお昼に、昨年も参加させて頂いた、
某男性タレントグループさんのレコーディングでPLANET KINGDOMと
いうスタジオに行ってまいりました。
PLANET KINGDOM、伺うのとても久々でした。何年ぶりだろう?
最後に行ったのはいつで、なんのレコーディングだったかも
忘れてしまっております
さて、本日のレコーディングはFender Rhodesでエ~感じに
オブリ(ガート)をという要請です。
今回はを取り忘れてしまったので、ナシです。
レコーディングはさくさくと進み、あっという間に終わって
しまいました。
4月にリリースされる彼らのアルバムに収録される予定です。
2008..09 Recording comment2 trackback0

田中 邦和×河合 代介 2日目@Motion Blue YOKOHAMA

Motion Blueでサキソフォンの田中 邦和くんとのデュオ2日目です
2日目は重打楽器奏者(笑)のスティーヴ・エトウさんを迎えました
エトウさんと一緒に演奏するのはなんだかんだで12年ぐらい振りかと。
その昔、1994~1996年に俳優の武田 真治さんのレコーディング、ツアー
に関わっておりまして、その時のセッション・メンバーのひとりが
エトウさんでした。
ライヴの舞台ではわたくしがセットするHammond B-3Leslie 122×2
の真裏で彼はひょうひょうとコンガを叩き、トラックのバンパーを叩き、
ドラム缶を叩き、そしてそのドラム缶にグラインダーを当ててステージ上に
大きな火柱を上げておりました(笑)。
そんな彼と久々の、しかも一応Jazzなフォーマットとしてのセッション
でとても楽しみでした。
MBY 3/7/08_1
エトウさん、お忙しい最中にお越し頂いたので楽器セットが彼にしては
若干少なめではございましたが、それでもまさしく「鉄板」のドラム缶や
なにげに電気モノもお好きなエトウさんらしく、Rolandの
パッド・パーカッションでタブラなどの音色を使ってました。さすがです。
MBY 3/7/08_2
クニくんもエトウさんとのセッション経験がありましたが、このような
シチュエーションで行うのはやはり初めてだと。
MBY 3/7/08_3
テナー・サックスとドラム缶のデュオ
ドラム缶、とてもよい音がするんですよ。
MBY 3/7/08_4
さて、いつもMotion Blueさんでは新しい楽器、レスリーを降ろす事が
多いのですが、今回はHammond B-3Leslie 122がひとつと、
Leslie 32Hというセットで行いました。
久々にエトウさんのドラム缶サウンドが聴けて嬉しかったかわいでした。
またやれるといいなぁ。
2008..07 Gig comment0 trackback0

田中 邦和×河合 代介 1日目@Motion Blue YOKOHAMA

久々にクニくんこと田中 邦和くんとのデュオでした。
今回もMotion Blue YOKOHAMAでのライヴでございます。
クニくんとのデュオは昨年夏に同所で初めて行って、
とっても好評でございました
MBY 3/6/08_1
テナー・サックスの音はハモンドオルガンにとても合いますねぇ
MBY 3/6/08_2
クニくんのテナーは、まさしくあの体から出る、とでもいいましょうか、
太く力強く、そしてやさしいサウンドです
そして今回、日本ジャズヴォーカル界の重鎮、伊藤 君子さんをゲストに
お迎え致しました。
伊藤さんとご一緒させて頂くのは今回が初めてでございました。
MBY 3/6/08_3
伊藤さんが選曲された中にわたくしもよく演奏する
「Sometimes I'm Happy」があったのですが、最初の2コーラスが
なんとっ、津軽弁になっておりました
しかし伊藤さん、お若いです。クニくん、かわいにも気さくにお話して
下さいました。
というわけで1日目が終了。明日は重打楽器奏者、スティーヴ・エトウさん
を迎えます。
2008..06 Gig comment0 trackback0

名探偵コナン・レコーディング2日目@乃木坂ソニー・スタジオ

コナン・レコーディング2日目です
1日目に順調にレコーディングが進みまして、今日もさくさくと
進んでいきました。
大野さんレコーディング 3/4/08
今回も感動でした。
また、昨日は大野さんよりとても嬉しいお誘いを受けまして、
本当に本当に嬉しかったです
なんのお誘いだったかは?のちのちということで(笑)���񂿂�񂩁`�H���`
新しい映画、名探偵コナン「戦慄の楽譜(フルスコア)」は、
4月19日よりロードショーです。
是非みなさん観に行って下さい。
おなじみのメインテーマでは今年もわたくしのソロがフィーチャー
されておりますです



レコーディングを済ませて夜は、丸の内Cotton Club
THE HARVEY MASON TRIOを観に行きました。
実は2月29日にオーチャード・ホールで行われた
JVC Jazz Festival with Blue Note Tokyo 20th Anniversary
でのライブに同グループが出演しておりまして、こっちも観に
行ったのですが演奏はたったの30分。オマケに出演していた
オルガン・プレイヤーTony Monacoをバックステージに尋ねると、
すでにおらず…。
というわけでコットンクラブに行ってきました。
ショーは素晴らしかった。とりわけハービー・メイソンさんのドラムの
サウンドには感動しました。
個人的にどの楽器の人でも素晴らしいと感じさせるプレイヤー、
ミュージシャンは音色が美しい
コットンのスタッフがわたくしが開場に来ていることをトニーに
知らせてくれたようで、なんとトニーが開場に下りて来てくれました。
Tony&D.K._2
世間話をしながら今後の事なども話し合ったりして、トニーが
Keep in touch!と言う言葉にOF COURSE!と言ってコットンを
後にしました。
トニーはこのセッション、かなり緊張していたようでしたが、
とても彼らしい、素晴らしい演奏でした
2008..04 Recording comment0 trackback0

名探偵コナン・レコーディング1日目@乃木坂ソニー・スタジオ

昨年、わたくしの音楽のオリジン、大野 克夫さん直々にお誘い頂き、
名探偵コナンのGW用映画「紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)」の
音楽に大野 克夫バンドの一員として初めて参加させて頂いたのが、
1年前
劇場版 名探偵コナン 紺碧の棺劇場版 名探偵コナン 紺碧の棺
(2007/11/23)
神谷明、高山みなみ 他

商品詳細を見る

その後TV用のレコーディングもあり、

名探偵コナン TVオリジナル・サウンドトラック Selection BEST名探偵コナン TVオリジナル・サウンドトラック Selection BEST
(2007/12/05)
TVサントラ

商品詳細を見る


そして今日、明日と2日間コナンの新しい映画「戦慄の楽譜(フルスコア)」の
レコーディングがありました。
大野さんレコーディング 3/3/08_1
グレイスは大野さんの事務所の名称です。
昨年同様、乃木坂ソニー・スタジオでレコーディングでした。
大野さん書き下ろしのスコアを演奏出来る喜びは、たとえようが
ありません。
大野さんレコーディング 3/3/08_2
今回も愛機Hammond A-100 Organを持ち込んで、順調に
レコーディングは進みました
2008..03 Recording comment0 trackback1

新しいM3 Coupeのエンジンにシビれるぅ

わたくしは以前BMWという車に10年ほど乗っておりました。
10年で4回乗り換えてますので、結構乗り換えてますね。
その中でもMモデルに2回乗りました。
ひとつはE36のM3。これは本当に素晴らしかった。
並のBMWはこれで乗れなくなったと言っても過言ではありません。
その次に乗り換えたのが初代M Coupe。
My M Coupe
これが笑えるほど間抜けなエクステリアで、今でもとても気に入っていて
手放した事を後悔しまくりです
前置きが長くなってしまいましたが、そんなわけで現在はBMWには
乗っていないのですが、当時のディーラーの営業マンT氏に会いに年に一度、
ショールームに伺うようにしています。
T氏と世間話と昨今のBMWの動向を伺っていると
新しいM3がありますが見ますか?」というので、見る見る!と見せて
頂きました。
M3 Coupe 3/2/08_1
こんな車です。
正直エクステリアは好きとは言えないのですが、今回この車のシートに
座らせて頂きエンジンをかけさせてもらったら…ヤバいです。
とてもよい音がするんです。もうほぼレーシングエンジンのサウンドです。
V8エンジンはアクセルを少し煽ると軽々と吹け上がります。
めちゃめちゃレスポンスいいんです。ヤバいです。
M3 Coupe 3/2/08_2
わたくしが乗ってたE36 M3でもよいエンジンだったのに…これは本当に
すごいです。納車前の車だったのでドライヴすることは出来ませんでしたが、
運転したら確実に感動する車であることは間違いないです。
M3 Coupe 3/2/08_3
男は黙ってマニュアル(爆)。
くしくもE36 M3に初めてSMGなるノンクラッチのギアシステムが
与えられていましたが、今度のM3はマニュアルのみ
非常にディレクションがはっきりしていて素晴らしいです。
っていうか、欲しい。
2008..02 くるま comment0 trackback1

Tommy Campbell's Organ-Eyes Trio@Body & Soul

定例のTommy Campbell's Organ EYES Session Trioでした。
いつもBody & Soulの時は早めに入ってメンバーでリハーサルをしているの
ですが、リハーサル終わりで頂く食事がおいしいんですよ
Body & Soul 3/1/08_1
いつもはアマトリチャーナというパスタを頂くことがほとんどでしたが、
今回はたらこスパゲティを頂きました
いちばん上にはいくらもトッピングされております
さて、たくさんのお客さまを迎えての演奏、楽しかったです。
Body & Soul 3/1/08_2
お越し下さったみなさま、ありがとうございました。
後半、たくさんのミュージシャンが遊びに来てくれました。
Body & Soul 3/1/08_3
松永 卓朗くん(Trumpet)、TOKUちゃん(Flugelhorn)、
Raymond McMorrinくん(Tenor Saxophone)の豪華3管です
セカンド・セットは22時20分定時より始まり、セッションが終了して
時計を見ましたらなんとっ、0時半でした
2時間以上やってました(爆)。そして驚いた事にほとんどのお客さまが
最後までいらして聴いて下さいました。改めまして、ありがとうございました。
次回のBody & Soulは4月12日(土)、ギターはHARUさんに変わって
久々のGreg Chakoさんです。お楽しみに。
2008..01 Gig comment0 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索