2008 051234567891011121314151617181920212223242526272829302008 07

"ごめんね"GIGを観に…@OrganJazz倶楽部

この日、OrganJazz倶楽部に"ごめんね"を観に行きました。
"ごめんね"はバンド名でして、リーダーでサックスプレイヤーの
後藤 輝夫さん、ギターにはわたくしの大好きな橋本 信二さん、
そしてドラマーにはDonald Baileyが師匠の小泉 高之さん。
そして昨年夏よりこのバンドに参加しているわたくしの弟子で
ハモンドオルガンの市塚 裕子のカルテットです。
OrganJazz倶楽部には目下、月イチペースで出演されておりまして、
そろそろ観に行ってみようかなと、みなさんに内緒で突然伺いました。
ギグは暖かく、そして力強く演奏されておりました。
市塚は彼女なりのパフォーマンスでバンドに馴染んでいて
よい感じでした
わたくしも1曲演奏させて頂きました���񂿂�񂩁`�H���`
関西にはなぜかたくさんいる女性オルガン・プレイヤー。
関東にはなぜか少ない女性オルガン・プレイヤー。って言ったって
オルガン・プレイヤー自体がかなり少ないのよねん。
オルガン・プレイヤーを応援して下さい
スポンサーサイト



2008..11 Gig comment0 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索