2008 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 08

峰 厚介Session@上野G・H Nine

偉大な日本のサキソフォン・プレイヤー峰 厚介さんのお誘いで
初めて上野G・H Nineに伺いました。
G・H Nineには過去に一度だけ"観に来た"事がありました。
それは素晴らしいドラムの小原 哲次郎さんを聴きに行ったのでした。
今から20年も前のお話です。
お店に入るとスタッフが案内してくれて、座る前に椅子を引いてくれる
ような、ホテルのようなサービスにまだ東京に来て間もないかわいは
驚きと感動を受けたお店でもあります。
その後、このお店になぜか伺う機会がございませんでしたが、
今回G・H Nineで演奏させて頂いて、感無量でした。
大変残念な事に8月いっぱいで休業なさるとの事で、このお店での演奏は
この日が最初で最後となってしまいました。
GH Nine 7/31/08_1

さて、今宵のバンドマスターはもちろん峰さん。
そしてもうひと方のメンバーは、ギターのこれまた巨匠、秋山 一将さん
でした。
秋山さんとは以前にとあるジャズ・イベントでほんの少しご一緒させて
頂きましたが、ちゃんと演奏するのは今回が初めてでございました。
秋山さんはジャズ・ギタリストとしてはとても珍しい、エフェクターを
素敵に使われる方です

GH Nine 7/31/08_3

しかし楽しかったです。
真横に峰さん、そして真後ろに秋山さんという、こんな素敵な方々と
ご一緒させて頂けて、かわいは幸せでした。

さて、最近大活躍なかわいの極小にして最大のコンボセット、
Hammond XK-3c & Leslie 2101Pです
2101Pの正面が壁を向いているのがポイントです。
ちなみにハモンド・スズキのHPでもこの日のレビューが掲載中です
GH Nine 7/31/08_2
この極小セットは今後各地でご覧頂けます(爆)。
こんな小さなセットでも「ハモンドオルガン、いいねぇ~!」と
言って頂けるよう、頑張って演奏致しますです
スポンサーサイト
2008..31 Gig comment0 trackback0

河合 代介×Tommy Campbell DUO@Organ Jazz倶楽部

この日かわいはふたつのデュオ・ライヴを行いました。
お昼はサックスプレイヤーの矢野 沙織さんとデュオで埼玉は
川口リリアホールにて「サマー・ジャズ・ライブ2008」という
コンサートに出演してまいりました。
リリアホールにはこの日の蒸し暑さを吹き飛ばす程、たくさんの
お客さまがいらして出演者の演奏に聴き入ってました。
矢野さんとは昨年12月以来、約半年振りの競演で、しかもデュオ。
相変わらず矢野さんの演奏はチャーリー・パーカーが好き!という
演奏で(笑)あのキャリアで素晴らしい
残念だったのはたった3曲のみの演奏であったこと。
は撮れずでした
また10月に競演の機会がございます。お楽しみに

自身のHammond A-100 OrganLeslie 32Hを片付け、急いで
OrganJazz倶楽部
夜はかわいリーダーでTommy Campbellとのデュオ。
ここOrganJazz倶楽部では5ヶ月振りのこのデュオですが、
お互いを本当に楽しんでいるので、それがお客さまにも伝わって
よい感じです
このところやっているダブルレスリーでこの日も行いました。
オルガンのそばには持ち込んだLeslie 32H、カウンター奥に
お店の122RVを設置しました。
OJC 7/27/08_1
本日もたくさんのお客さまをお迎えしました
ありがとうございます。
OJC 7/27/08_2
後ろの鏡が効いてますね。
実はこの鏡はわたくしのアイディアでここに取り付けられました。
オルガンのJimmy Smithは70年代に数年だけ自身のお店、
「Jimmy Smith's Supper Club」を持っていた事がありました。
そのお店のHammond B-3の後ろにはこのような鏡が取り付けて
ありました。
ハモンドオルガンは演奏の様子が前からですと分かりづらいという
ところを、鏡を使って少しでも見て頂こうという心配りのようでした。
OJC 7/27/08_3
Tommyさんもいつも通りサービス精神旺盛なドラムソロでお客さまを
楽しませておりました
OJC 7/27/08_4
というわけでふたりともこのような表情に

終演後、お客さまとマスターの池さんよりひとつずつケーキを
頂きました
Tommyさんが「Happy Birthday」歌い始めて、みなさんも一緒に
歌って下さって、幸せなひとときでした。
歳を取るのはよい事だと子供の頃から思っていましたが、歳を取る程
よくなる感じも致します。
みなさま、ありがとうございました。

次回のOrganJazz倶楽部は8月15日(金)にわたくしリーダーで、
ニューヨークより帰国中の友人、キター・プレイヤーの中井 勉くんを
Featureしまして、相棒のTommyさん、そして若手のテナーマン、
Raymond McMorrinくんも入ってくれてオルガンバンドの理想の
編成でお届けしたいと思います。たぶん日本でないような感じになると
思われます(笑)。
是非いらして下さいませ。
2008..27 Gig comment0 trackback0

YOSHIDA MINAKO & THE BAND "So"2日目@STB139

吉田 美奈子さんバンド公演2日目です
STB 7/26/08_1
おそらく「Beyond」でのソロの図。

The Bandでの演奏は本当に楽しいです。
楽しくないわけないですよね。このメンバーですから
今回はMinimoogでのソロが多かったです。
1st Stageで3回音色を変えましたです。
Minimoogは当然フルマニュアルなシンセサイザーですので、
音色をメモリーしてすぐに呼び出す事の出来る現代のシンセサイザー
とは違います。演奏中や美奈子さんがMCをされているタイミングぅ~
で音色を、それも目分量(爆)で変えます。
途中、手放したりしましたが、かわいとMinimoogの付き合いも
27年になります。
STB 7/26/08_2
なにげにレスリーの間に頂いた花束が立ってます
岡沢 茂さん、リハーサル、そして本番2日間、本当にお疲れ様で
ございました。
2008..26 Live comment0 trackback0

YOSHIDA MINAKO & THE BAND "So"1日目@STB139

吉田 美奈子さんとThe Bandによる定例公演初日です。
STB 7/25/08_1
倉田さんとかわいでコーラスする図です
今回はバンドマスターでベース・プレイヤーの岡沢 章さんが病欠の為、
急遽実弟で同じベース・プレイヤーの岡沢 茂さんが代役を務めました。
茂さんとはわたくしがまだ倉田さんに「見習い」として付いていた頃、
スタジオで何度かお会いした事がございましたが、ご一緒するのは今回が
初めててございました。
STB 7/25/08_2
STBにしては珍しく(笑)白サス(頭上にあるライト)での
STB 7/25/08_3
今回はレスリーを最近気に入っているジャズ用セッティングで
挑みました。いつものModel12232Hを加えたセットで演奏しました。
122のトロける歪みと空気感、そして32Hのシャープな高音と力強い低音
という、おいしいところ取り(笑)でのセッティングぅ~

さて、今年も美奈子さん、The Bandのみなさま、そして来場
下さったお客さまに、わたくしの誕生日を祝って下さいました
STB 7/25/08_4
すぐに吹き消してはもったいないと、ちょいタメ気味で(爆)。
みなさま、ありがとうございました
STB 7/25/08_5
頂く前にこっそり記念撮影(笑)。
ちなみに撮影はなんと毎日新聞社の川崎 浩さん。よく考えるとすごい
2008..25 Live comment0 trackback0

YOSHIDA MINAKO & THE BAND Rehearsal 2日目

吉田 美奈子さんバンド公演リハーサルの2日目でした。

突然ですが、わたくしかわいはコーヒーが大好きでございます
高校生の頃よりブラジルサントスを愛しております(笑)。
今でも毎日のようにコーヒーは頂くのですが、最近このようなものに
詰めて持ち歩いております
ケータイマグ_1
サーモスのケータイマグです。
家でも外に出かけるにもこれに熱いコーヒーを入れています。
よい事は冷めない事(笑)。
今のような暑い夏時期ですと8~10時間は熱いコーヒーが飲めます
そしてだいたい一回のコーヒードリップで1日分が足りてしまうこと。
これが冷めてしまったりすると、何度も入れなくてはいけなくなって
しまったり、冷めた上に酸化して味が変わってしまったり…。
そういうことがかなり回避出来る。ポットは優れものです。
ちなみに写真のものは容量480ml。このほかにひと回り小さい
350mlも持ってて使い分けております。
さて、リハーサルにもコーヒーが必需品。
大体はスタジオに常備されておりますが、家でお気に入りのコーヒーを
入れて持参するのは、心も安まってよいです。
井戸のコーヒー
入れているのはもちろん神戸にあるコーヒーハウス井戸
ブラジルサントス
おいしいです

そうそう、本日はわたくしの43回目の誕生日でもありました。
親父が42歳で亡くなったので、とうとう親父の人生の時間を超えて
生きたんだと、なんだか変な気分でした。
自分の誕生日は、毎年両親に感謝する日にしているかわいでした。
2008..23 Live comment0 trackback0

YOSHIDA MINAKO & THE BAND Rehearsal 1日目

吉田 美奈子さんのバンドでの夏公演。
本日はリハーサルでございました。

今回、ベースでバンドマスターの岡沢 章さんが病欠となりまして、
急遽、実弟でございます岡沢 茂さんが務める事になりました
リハーサル中の
美奈子さんリハ 7/22/08_2

The Bandでは欠かせないMinimoogくん
美奈子さんリハ 7/22/08_1
moogの向こうに土方さん、成田さんが見えますね
2008..22 Recording comment0 trackback0

竹内 直×河合 代介DUO@高田馬場Hot House

高田馬場Hot Houseにてサックスプレイヤーの竹内 直さんとの
デュオでした。
直さんとはたぶん3年振りぐらいかな、とても久々の再会ギグでした。
Hot House 7/21/08_1
相変わらず直さん、強力でしたが、初めてデュオでやらせて頂いて
とても心地よかったです。
一緒の写真がなくて残念...。
わたくしの誕生日が近いという事でオーナーのアキさんがいろいろ
下さいまして…まずは素敵なCandles
Hot House 7/21/08_2
そして串かつケーキ
Hot House 7/21/08_3
この他にアサガオの鉢植えを頂きました。

さて、先程からチラチラと写っているナゾのオルガンは、
Hot House 7/21/08_4
これ
Hammond XK-3cのセットを使う時に使っているYAMAHAの
CBX-K1XGをオルガンと同じ材料で囲ってみました
これでかなりの一体感が得られました(爆)。

Hot Houseでの次のギグは8月3日(日)、ギターの岡安 芳明さんと
デュオです。岡安さんギグ3連チャンの最終日です(笑)。
2008..21 Gig comment1 trackback0

某レコーディング@青山Victorスタジオ302st

サキソフォン・プレイヤーの近藤 和彦氏のお誘いで某アーティストさん
のレコーディングに行ってまいりました。
メンバーは近藤さんのアルトに、ベースはちゃんとお会いして演奏する
のは初めてだった井上 陽介氏、ドラムは高橋 信之介くんで、
わたくしかわいがハモンドオルガンで参加でした。
近藤さんとは12年前にBonnie Pinkというアーティストのツアーで
一緒で、サウンドチェックの時に遊んでJazzを演っていたのが
きっかけで、セッションに誘ってもらってからGIGをすることに
なったといういきさつがございます。
Victor 302st 7/14/08
そんな近藤さんとレコーディング終了後の2ショット
近藤さんとは8月6日(水)に新宿Somedayで久々のセッションが
あります
ぜひお越し下さいませ
2008..14 Recording comment0 trackback0

みみいか?!USBメモリー(富山県産)

先日ファンの方より頂きましたもの、
みみいかUSBメモリー_1
みみいかUSBメモリー(富山県産)、というものです(笑)。
いわゆる外部メモリーで512MBの容量があります。
しかしパッケージからかなり凝っていて、一瞬見るとなんなのか?
解らない程である。
みみいかUSBメモリー_2
イカだ(笑)。

しかしUSBメモリーとは便利なものですねぇ。
わたくしも以前より2GBのUSBメモリーを使っておりますが、
ポケットに大きいデータが入ってしまうなんて、本当に
すごいことです。
13,4年前に1GBのHDDを12万円で買った事があるかわいでした。
2008..12 日々の機微 comment1 trackback0

浜松グルメ、ハモンドスズキのお仕事にて

愛知県プチツアーの帰り、ハモンドスズキのお仕事で
またもや浜松に。
仕事の内容は今は申し上げられませんが、時期モデルの構想から
制作、初期試作品チェックなどなどでした。
結構長時間浜松にいましたのでお昼、夜とスタッフぅ~のみなさんと
食事に行ったわけですが、まずお昼はとんかつ屋さん。

ゆなみ亭というとんかつ屋さんに行きました。
こちらには先日浜松に来た時に連れて来て頂いて以来、かなり
お気に入りでございます。
お昼でしたので定食の「うめかつ」を頂きました。
ゆなみ亭のうめかつ_1
かつの中に梅と塩ねぎが入っていて、さっぱりしてとても
おいしかったです。
ちなみに先日来た時に頂いたのは明太子かつでした。
ゆなみ亭の明太子かつ_1
これ
明太子とかつ、これが不思議と合うんです
そして夜は餃子屋さんの「福みつ」
ハモンドスズキの敏腕営業マンKさんが子供の頃より行きつけの
お店だそうです。
お店には餃子しかなく(笑)、メニューには何個か?しか
書いてありません。
一本気な感じです。
福みつの餃子_1
かわいは定食の中、だったかな?餃子15個とライス、お味噌汁とお新香
というものです。
餃子、皮がパリパリで美味しかったです
テーブルには調味料が置いてあるわけですが、ラー油が辛くてこれまた
美味しかったです
なんでも浜松はなにげに餃子の消費量が多いようで、餃子屋さんが多い
そうです。
浜松は奥が深い
というわけで食べ物の話ばかりでした(爆)。
2008..08 料理 comment0 trackback0

倉田 大輔オルガントリオ@ラウンジシャギー、豊橋

倉田 大輔バンド、2日目でございます。
約4年振りに豊橋でのギグです。
Shaggy 7/7/08_1
初めてシャギーに伺いました。
豊橋駅の真ん前にある豊橋グリーンホテル内にあり、
豊橋のジャズスポットしてシャギーはとても有名です。
Shaggy 7/7/08_2
ご存知、今宵のリーダー倉田くん。
彼はあまりドラムにこだわらない。なのでライヴをする、そこにある
ドラムを手なずけては自分の楽器に仕立てて行く。
しかしこの日のドラムはちょっと手強そうだった
Shaggy 7/7/08_3
砂掛くんのソロはかなり熱い
そしてわたくしの楽器運搬なども進んで手伝ってくれて
本当にいいヤツでした
Shaggy 7/7/08_4
マチ子ちゃんも2連チャンお疲れさまでございました
豊橋ということで古くからの知り合いや友人、そしてハモンドスズキ
開発スタッフぅ~のみなさんや敏腕営業マンK氏も見えて、たいへん
盛り上がりましたです
2008..07 Gig comment0 trackback0

倉田 大輔オルガントリオ@スター★アイズ、名古屋

ニューヨークで知り合ったドラマーの倉田 大輔くんのお誘いで
愛知県プチツアーに行ってまいりました。
第一夜は名古屋のスター★アイズさん。
今回は豊橋公演もあるので、自前のHammond A-100 Organ
持参致しました。
今回初めてカミさんと2人で運搬しました
えらいゾ
さて、この日は梅雨の真っ直中。前日まで割とさっぱりしていた
のに、急に不快指数が5000%になったような湿気と小雨の中、
スター★アイズのマスター岩城さんにも無理を言って楽器搬入。
エントランスが細く、突き当たって左に90°曲がってお店に
入るという導線な為、普段の入口からだとA-100でも入りません
ですので入口を入ってすぐのところのソファーを退かして頂き
搬入しました。

さて、今回のメンバーですがリーダーでドラムの倉田 大輔くん、
ギターは名古屋在住の砂掛 康浩くん。そしてボーカルはマチ子ちゃん。
倉田くんはニューヨーク、ハーレムにあるShowman'sでレギュラー
経験でオルガン・バンドのサウンドメイクを解っているプレイヤーです。
Star Eyes 7/6/08_2
まずはトリオでの演奏。
ギターの砂掛くんとは初対面、初共演でしたが本当に素晴らしい
ギタリストでした。まず音量が適正(爆)。ギタリストはだいたい
音が適正だと思う音量より大きい事が多い(笑)。
そしてとても「歌って」いました。
演奏していて楽しかったです。
Star Eyes 7/6/08_3
そしてマチ子ちゃん登場。
彼女とは以前に何度かお会いしてはおりましたが、競演はこの日が
初めて。
ポップス寄りの選曲で、お客さまも楽しそう
Star Eyes 7/6/08_1
久々にA-100Leslie 122一発でのセットでしたが、最近差し替えた
真空管がよい感じなのか?よいサウンドでした。
Star Eyes 7/6/08_4
思わず立ち上がってしまいました
わたくし以外はみな名古屋出身ともあって、お客さまも満員でございました。

明日は豊橋。
2008..06 Gig comment0 trackback0

T.C.Organ-EYES Session Trio@Body & Soul

定例の南青山Body & Soulでのギグでした。
いつも入ってくれているギターの高内"HARU"春彦さんが
New Yorkに行ってしまいましたので、急遽サックスの
Raymond McMorrinくんが入ってくれました
最近このバンドで演奏しているMiles Davisの「Joshua」を
この日もやりました。この曲、7/4拍子にアレンジされて
まして、それもかなり速いテンポで演奏されるので、かなり
難易度高いです。
しかしハモンドオルガンとテナー・サックスは本当に音色が
合います。
Raymondくんとは8月にOrganJazz倶楽部でありますので、
是非いらして下さいませ
2008..04 Gig comment0 trackback0

大槻"KALTA"英宣×河合 代介DUO@高田馬場Hot House

高田馬場Hot Houseにて、ほぼ定例の大槻"KALTA"英宣くんと
デュオでした。
いつもカルタくんのファンの方々が多数お越し下さって、
顔と名前をまったく覚えられないかわいでも(爆)だんだん
わかるようになってまいりました
てな事はままいいですが(笑)。
今回は写真がないです。
でも楽器でちょっとした新兵器が出たのですが、写真撮るの
忘れてしまって…。
次回はぜったい撮ろう
そうそう、カルタくんに誘われて8月7日(木)初めて
関内Jazz Isにおじゃまします。
よろしかったらみなさま、お越し下さいませ~
2008..03 Gig comment0 trackback0

SUITE VOICE Liveを観に行きました!

SUITE VOICEという女性4人組のコーラスグループのライヴを
観に久々に渋谷に行きました(笑)。
今年の4月にNew Yorkでギターを弾いている中井 勉くんより
リーダーのBABIさんを紹介して頂いて、その後彼女たちがわたくしの
GIGに何回か観に来て下さったんです。
それというのも8月26日に行われる彼女たちのライヴにゲストで
出演することになったのです
この日のライヴは彼女たちの新しいCD「JAZZ CARAVAN」のリリース
記念ライヴでした。
もともとダンサー出身だったり、ミュージカルをやられてたメンバー
なので、歌、コーラスもさることながらダンスが素晴らしかったです
今からご一緒するのが楽しみです。
JZ Brat 7/1/08
ライヴ会場の向かいの歩道橋上より
夜の渋谷ぁ~
2008..01 音楽、CD comment0 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索