2008 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 09

河合 代介×小泉 高之DUO@ル・ボラン、日高市

史上最大のGIG月間16日目。
かわいにとって1ヶ月で最大の本数を迎えたこの8月の
ギグの最終日は、埼玉県日高市にございます、
イタリアン・レストランのル・ボランさんです

楽器を搬入しリハーサルも無事に済んで、食事を頂いている図。
特製カレーを頂きました
カレーとコカ・コーラ、最高です

ルボラン 8/30/08_1

今宵お付き合い頂いたのは、小泉 高之さん。
小泉さんとデュオでの演奏は今回が初めて。

ルボラン 8/30/08_2

ジミー・スミスの片腕だったドラムのドナルド・ベイリー氏が師匠の
小泉さんはまずオルガンとのアンサンブルが好き
小泉さんとご一緒させて頂く時はかわいよりシンバルのリクエストを
させて頂いております。
そのシンバルとは、上記写真の小泉さんの手前に見える、
エッジが反っくり返っている20inchスウィッシュ・シンバルです。
このサウンドが大好物なんです

ルボラン 8/30/08_3

小泉さんの熱いサポートにも支えられ、さらにヒートしていく
かわいでした

ルボラン 8/30/08_4

もう15年来の付き合いになる元車屋の営業マン氏が現在はここの
店長ということで、以前よりお誘い受けていたのですが、ようやく
今回ライヴが実現出来ました。
彼がわたくしに車をセールスする時に使った文句は、今でも忘れる事の
出来ない、名台詞でした

ルボランにお越し頂いたお客さま、改めましてありがとうございました。
また伺いたいです
スポンサーサイト



2008..30 Gig comment0 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索