2009 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 06

河合 代介×岡安 芳明DUO@Organ Jazz倶楽部

ギターの岡安 芳明さんとOrganJazz倶楽部でのデュオでした。


5_30_09_1

昨日に引き続き岡安さんと2days
デュオは2人しかいないわけで、出ている音も少ないので
それぞれの音がより聞こえて、楽しくもあり、難しくもあります。

5_30_09_2

岡安さんのソロはもちろんですが、コンピング(バッキング)が
本当に気持ちいいです

5_30_09_3

OrganJazz倶楽部Hammond B-3 Organを生音(PAなどを使わず)
で聴いて頂ける数少ないジャズクラブです。

たくさんのお客さまにお越し頂きまして、ありがとうございました
スポンサーサイト



2009..30 Gig comment0 trackback0

岡安 芳明、片岡 雄三、河合 代介Trio@高田馬場Hot House

今日は高田馬場Hot Houseでギターの岡安 芳明さん、
トロンボーンの片岡 雄三さんとギグでした。

5_29_09

岡安さんはいつものテイスティなプレイで。

そして、初めてご一緒させて頂いた片岡さん。
とてもやさしい風貌そのままのやさしいサウンド。

ハモンドオルガン、ギター、トロンボーンをいう、
とても珍しいアンサンブルを楽しんだ夜でした。
2009..29 Gig comment0 trackback0

札幌にて

昨日の仕事を終え、今日は東京に帰ります。
せっかくの札幌なのに1日だけだと寂しいですね。

5_28_09_1

最近のホテルはどこも朝食サービスが充実していて、
前夜遅くても早起きして食べたくなります

5_28_09_2

札幌駅にはこのお店が。

佐藤水産本店

ここのしまほっけ(ひもの)が大好物です
いくら(醤油漬け)も手毬筋子も塩水ウニも…ヤバいです。
おいしいです。

みなさん、北海道にお行きの際はぜひ佐藤水産に寄りましょう
2009..28 日々の機微 comment0 trackback0

河合 代介×大槻"KALTA"英宣DUO@札幌某所

とある会社のプライベート・パーティーでの演奏依頼で
札幌にやってまいりました。

ドラムは大槻"KALTA"英宣くん。

5_27_09_1

リハーサルでのちょー気さくな格好での写真。

5_27_09_2

リハでの楽しそうなカルタくん

5_27_09_3

今回初めて、Hammond B-3mk2Leslie 3300WLeslie 122XB
というコンビで使いました。

5_27_09_4

本番中は楽しくもあり、またチャレンジングなステージとなりましたが、
みなさんに楽しんで頂けてよかったです
2009..27 Live comment0 trackback0

B-3がまたもや…修理日記

先週またもやB-3のレスリーがコントロール不能になった

今年2月に同じくレスリーがコントロール不能になる
故障があった→こちら参照

この時はレスリーがファストになりっぱなしでスローにならなくなって
しまったのですが、今回はスローのまま、ファストにならない(笑)。

取り敢えず家にあるいくつかのレスリーに繋いでみるが、どれも
スロー、もしくはストップのまま(21H、32Hなど)でファストに
ならない。

上記の事でB-3側のレスリーキット回りが原因であることがわかった
のだが、上記の症状になるのはいくつかの場所が考えられるのだが、
今回も主治医に相談し原因を突き止めたところ、これが限りなく
怪しい

それは、これ

5/25/09_1

写真左側の6X4真空管とAO-28プリアンプの間に挟まっている
黒いTube Tapの中に、ひとつだけ抵抗が入っているのだが、
どうやらそれが死んだらしい…。

修理はこのTube Tap内の抵抗を交換することなのですが、
ご覧の通り、結構バラすのが大変なのです。
実は過去に1度、これと同じ故障に見舞われた事がありましたが、
その時は修理に来て頂いたエンジニア氏がこのTube Tapを
解体して、中の抵抗を交換し治ったことがありました。

修理を早く済ませたかったので、このパーツごと交換する
ことにしました。
この方がとてもカンタンだったので(笑)。

そうと決まったらパーツを手に入れなくてはと、即座に
アーバンミュージック岩瀬氏にメール
パーツの在庫を伺って早速パーツを取りに伺い、帰ってすぐさま
修理に取り掛かった

パーツと回路図

5/25/09_2

新しいTube Tapは1本の結線(茶色)のみなのでとってもカンタン

5/25/09_3

というわけで数分程でこのように交換終了
新しいのはちょっと小さくてスマートです。

さて、電源を入れ、無事にスロー/ファストの切り換えが
出来るようになりました。

しかし、主治医曰く、ここが壊れるのはめったにないそうですが、
わたくしはこれで2度目でした。

修理完了
2009..25 Hammond Organ comment0 trackback0

吉田 美奈子"CUBE" Live 2日目@Blues Alley Japan

Blues Alley Japanでの美奈子さん"CUBE"ライヴ2日目です。

しかし昨日のライヴは特別でした。
無事終演出来てよかったぁ

5/23/09_1

思いがけずのデュオでしたが、みなさま楽しんで頂けましたでしょうか?

先週行われた「にほんのうた」で披露した曲たちも演奏致しました。

5/23/09_2

急遽ゲスト出演となった本間 将人くんと3人で。

本間くんとの競演は昨日が初めてだったのですが、ドリカムさんの
ツアーに参加されたりしてます。
サックス、とてもきれいな音でした。

5/23/09_3

もうひとりの共演者、中澤 信栄(のぶよし)くん。
彼の別名"GATZ"では名前を知ってはいましたが、お会いしたのは
これまた昨日が初めてでした。

彼もまたドリカムさんのツアーに参加されてます。

この日は中澤くんのヴォーカルと本間くんのハモンド演奏という
特別なデュオを披露してくれました。

5/23/09_4

そしてこの日も美奈子さんがハモンドを横から弾きまくるの図、です(爆)。
また弾いている時の美奈子さんの顔がめちゃめちゃ嬉しそうなんですよ

というわけで、かわいにとりまして、急に決まってあっという間に
終演となったライヴでしたが、まずは無事に終演出来たことが、
本当によかったです。

そして…美奈子さんとのデュオの再開も決定致しました

再開しましたら…ぜひぜひ観に来て下さいませ。
2009..25 Live comment1 trackback0

吉田 美奈子"CUBE" Live 1日目@Blues Alley Japan

本日は急遽、Blues Alley Japanで行われました、
吉田 美奈子さんの"CUBE"公演に出演致しました。

ここでかわいから、この公演に出演することになった
いきさつを簡単にお話させて頂きます。

この公演の2日前の午後3時、美奈子さんから突然電話が
ありました。

「訳が解らないんだけど突然、いっぱいいっぱいです、
って言い出してピアノを弾かなくなって....」
そう話す電話口の美奈子さんは、泣いていると簡単に
想像出来る声でした。
美奈子さんHP "gazer" 参照)。

その日、美奈子さんと共演者の方々はとあるスタジオにて、
この公演の為の最終リハーサルを行っていました。
でもこのままではまったく公演が成り立たない状況にあるのは、
かわいにもすぐにわかりました。

公演を中止するか? 内容を変えて公演するか?
でも店は、何としても公演をと言っている、と
そのようなお話を電話で伺って、わたくしで宜しければ
お手伝いさせて頂きます、と申し上げました。

とにかくリハーサルの時間が無く、美奈子さん、かわいの他、
当初からの共演者の方がもう一人と、急遽参加の方がいたので、
当日の昼より開場まで約5時間の集中リハをし、
本番を無事迎えました。

この2日間で美奈子さんは、公演の内容を抜本的に変えなくては
ならず、その上共演者にも最善の気を配り、並行して会場のBAJと
何度も連絡を取り、しかもご自身も歌わなくてはならないという、
とても厳しい状況での公演でした。

本来、依頼を受けた演奏者自身の都合で公演2日前に降りると
いう事はあり得ない事です。

そんな経緯で、かわいが出演することになりました。




そして、ライヴは始まりました。

5/22/09_2

思いがけずのライヴでしたが、やはり美奈子さんとの
デュオは特別なものがございます。

5/22/09_1

BAJ在中のHammond B-3 Organ、Double Leslie 122
よいサウンドでした

5/22/09_3

BAJの天井にはいつしかこのようなものが

5/22/09_4

美奈子さんが突然横からオルガンを弾いてくるという攻撃の図(爆)。
それを見ているアルト・サックスの本間 将人くん。

とても緊張感のあるステージでしたが、
それを上回る温かいライヴでした
2009..22 Live comment0 trackback0

「にほんのうた」@玉川高島屋S・C アレーナホール

今年3月に吉田 美奈子さんと参加させて頂いた「にほんのうた 第三集
を制作された、commmons主宰のコンサートに参加させて頂きました。

開演がちょっとだけ早いコンサートでしたので、午前中入りでした(笑)。

5/16/09_1

「にほんのうた 第三集」では早春賦という曲で参加したわけですが、
ライヴとなるとこの曲以外の演目も用意するということで。

今回新たに用意した曲は、

■あわて床屋
■叱られて
■お山の杉の子
■夏は来ぬ

の4曲。

5/16/09_2

オルガンは愛器、Hammond A-100 Organ
かわいのA-100はオリジナルから改造してありまして、
お客さま側からオルガンのプリアンプが丸見えになっているので、
お客さまが真空管を指さしておられるのが見えました(笑)。

5/23/09_3

美奈子さんの「叱られて」、絶品でした

美奈子さんは最近デュオ演奏の時に、鈴のようなものを振って
いるのを見た方もいらっしゃると思います。
あれは赤ちゃん用のガラガラなんです。
でももちろん日本のものではないです
よい音色なんですよぉ。

5/23/09_4

この日は美奈子さん、かわいの他、Birdさん、片寄 明人さん、
真城 めぐみさん、木暮 晋也さんなど、日頃あまりお会いしない
方々とご一緒致しました。
そうそう、楽屋にChocolat(ショコラ)が来てて久々の再会でした。
10年程前に彼女のレコーディングに何回か参加したことがありまして、
しばらく振りでした。
2009..16 Live comment0 trackback0

「にほんのうた」リハーサル

今年3月、吉田 美奈子さんと参加させて頂いた、
にほんのうた 第三集」のご縁で美奈子さんとライヴに参加する
事になりまして、我が家でのリハーサルでした。

美奈子さんにこれを頂きました

5/14/09

飲む生姜の力ドリンク

名前の通り、生姜を絞ったジュースなのですが、
これがめちゃめちゃおいしいんですよ
飲むとノドにカァ~と熱くなって、効くぅ~という
感じです。

お奨めです
2009..14 Recording comment1 trackback0

T.C.Organ&Vocal-EYES Session Band@Motion Blue YOKOHAMA

先月ソロオルガン2daysを行ったMotion Blue YOKOHAMAにて
Tommy Campbell's Organ-Eyes VOCAL Session Bandの
公演でした。

モーションブルーは開演がなにげに早いので、他のところよりは
割と早めにセッティング。

5/8/09_1

ステージから見たHammond A-100 Organ越しのエントランス

5/8/09_2

My Brother, From another mother(笑)のトミーさん。

5/8/09_3

高内"HARU"春彦さん。
HARUさんは最近エレクトリック・シタールを弾いたりしてます。
70年代のSoul Musicには結構キモの楽器です(笑)。

5/8/09_4

今回はモーションにA-100を持ち込みました。
Leslieは32Hと122のふたつ。
122はHARUさんの後ろに置かせて頂きました。

5/8/09_5

そして今宵のヴォーカリストおふたり。

Tiffanyさんと伊藤 大輔くん。

Tiffanyはトミーのバンドで年に数度一緒になります。
相変わらずチャーミングな声でソウルフルに歌います。

伊藤くんはようやく会えました(笑)。
伊藤くんはトミーさんの「Vocal-Eyes」に参加してまして、
トミーさんがバンドメンバーを紹介する時、わたくしかわいと間違えて
「ダイスケェ~カワイィ~」と言ってしまって、爆笑を取っている
らしいのです。

今回、同じ名前のかわいと伊藤くんをトミーさんはどう呼んだか?

「ア~、ダイスケェ~、イトウサン」
「ア~、ダイスケェ~、カワイサン」


と言ってました
Confusionですね。
おちゃめなバンマスです。

さて、終演後かわいがどうしても食べたくてお願いしたのが、
これ

5/8/09_6

Spiral Potato Friesです
ケイジャン風味でSpicyでおいしくてお奨めです
モーションブルーに行った時はぜひご賞味下さいませ。
2009..08 Gig comment0 trackback0

TC's ORGAN-EYES "HORN SECTION" BAND@Body & Soul

南青山Body & Soulにて、
定例のTommy Campbell's Organ-Eyes HORN Session Band(長っ!)
でした。

今回はトミーさん、ギターの高内"HARU"春彦さんとかわいのトリオに加えて、
アルト・サックスの太田 剣くん、トランペットの岡崎 好朗くんが
入って下さいました。

剣ちゃんと楽器の事で話をしたのが面白かった。
サックス、そしてハモンドオルガンなどに関わらず、
楽器はなぜか古い方がよいサウンドがすることが多い。

なぜ今の楽器が昔の楽器のようにならないのか?
よいサウンドになりづらいのか?
昔の楽器のなるべく忠実にクローン化しても、微妙に、
いや、似て非なりなものになってしまうのか?
などなど。

この話はとても奥深く、難しい問題ですね。
2009..03 Gig comment0 trackback0

増尾 好秋×河合 代介DUO@高田馬場Hot House

高田馬場Hot Houseで、世界的なギタリスト、増尾 好秋さんと
デュオでした。

5/2/09

初めて演奏させて頂きましたが、増尾さんの暖かいサウンドに
包まれてのオルガンは、とても幸せでした
2009..02 Gig comment0 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索