2009 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 08

NAVIのVersion UP!

車にナビを付けてから3年。
ナビ否定派(笑)だったかわいでしたが、
今では本当にお世話になってます。

最近では自分の車で四国まで行くようにもなり、
年々新しい道、無くなってしまったガソリンスタンド、
新しいコンビニなど、刻々と変わっておりまして、
この機会にバージョン・アップをすることにしました。

7_29_09_1

数日前にHDDだけを送付し、バージョン・アップして
戻って来ました。

7_29_09_2

このようにHDDを直接インストールします。

7_29_09_4

プログラムの更新をして…終了です。

これで無事に新名神の道案内が出るようになります(笑)。
スポンサーサイト



2009..29 くるま comment0 trackback0

大槻"KALTA"英宣×河合 代介DUO@高田馬場Hot House

高田馬場Hot Houseにて大槻"KALTA"英宣くんと
デュオでした。

7_27_09_1

かわいの誕生日ライヴ at Hot Houseということで、
お客さま、そしてオーナーのアキさんよりプレゼントを
頂きました

7_27_09_2

ありがとうございました。
2009..27 Gig comment0 trackback0

YOSHIDA MINAKO & THE BAND 終日@STB139

吉田 美奈子さんThe Band夏公演2日目です。

リハーサルで半年振りに修理から帰ってきたmini moogくんが
昨日のリハからまたご機嫌斜めになってしまいました

7_25_09_1

というわけで今日ドックに逆戻り…。

7_25_09_2

やっぱりダブル・レスリーは鉄壁です
Leslie 122です。

7_25_09_3

本番前のお食事。
相変わらずSTB139はお食事がおいしい

7_25_09_4

次回のThe Band公演は12月です。
2009..25 Live comment0 trackback0

YOSHIDA MINAKO & THE BAND 初日@STB139

44歳最初のお仕事は吉田 美奈子さんとThe Bandでの
定例春公演の初日でした。

今回のライヴはFeaturing 土方 隆行さんでございました

7_24_09_1

この日の土方さんの「TERMINATION」のソロは
とりわけすごかったです

7_24_09_2

またまた美奈子さんにお気遣い頂きまして、
44歳の誕生日をステージ上でお祝いして頂きました。

44かぁ…。

7_24_09_3

しろたえのレアチーズケーキです
こののち、かわいが切り分けてみなさんで頂きました。
2009..24 Live comment0 trackback0

YOSHIDA MINAKO & THE BAND Rehearsal 2日目

吉田 美奈子さんの夏の定例公演のリハーサル2日目でした。

7_22_09

ずっと修理に出ていたmini moogくん。
絶好調になって戻ってきました

mini moogの向こうにちらっと美奈子さんが見えます(笑)。

このmini moogは2台目。

最初のmini moogは高校生の時に生産終了ギリギリで
手に入れましたが、手放してしまいました

やっぱりホンモノの楽器は素晴らしい。
こういう楽器を演奏出来るのは、本当に幸せだと思います。
2009..22 Live comment0 trackback0

YOSHIDA MINAKO & THE BAND Rehearsal 1日目

吉田 美奈子さんの夏の定例公演のリハーサル初日でした。

美奈子さんに誕生日プレゼントを戴きました

7/21/09

素敵なお椀

石川県の喜八工房というところの漆のお椀です。

なぜお椀なのか?

この説明は長くなるので割愛して(笑)。

ちなみにこのほかにもプレゼントを戴きました。
シンセサイザーの父、レイモンド・ スコット生誕100周年記念の
フィギュアセット。

そして、同じくシンセサイザーのもうひとりの父、
ロバート・A・モーグ博士のmoogロゴTシャツ。

さらに、無線LANが検出出来るTシャツ(笑)、
Wi-Fi Detector Tシャツも戴きました。
これは無線LANの電波を検出するとTシャツに付いたELパネルが
光るというもの。

美奈子さん、いつも、ありがとうございます。m(_ _)m
2009..21 日々の機微 comment0 trackback0

いいねぇ…

かわいがライヴなどでハモンドオルガンの説明をする時に
時折お話するのが、アメリカの球場でのBGM演奏の話。

アメリカの球場には現在でもハモンドオルガンが
常設してあり、生演奏でプレイに音楽を付けています

YouTubeにとても素敵なムービーがUpされてましたので、
紹介します。

Take me Out to the Ball Game
Bill Horn on Hammond B-3 Organ



もう客席にセットされているっていうだけで盛り上がりますね

Take me Out to the Ball Game。

必ずと言っていい程、この曲が演奏されます。
かわいも以前にCMの仕事でこの曲を演奏した事があります。
でも、あまり日本では聴いたり歌われることは少ないですね。

日本でも昔にはこのように球場にハモンドオルガンが常設されて
いたのですが、現在はどこも姿を消してしまいました。

残念ですね。
2009..20 Hammond Organ comment0 trackback0

トム 兼松Session Trio@HADOWS、浦和美園

イオン浦和美園店にあるステーキハウス・ハドウスでの
ライヴでした。

ハドウスと言えばステーキ

7/17/09_1

楽器を搬入してさっそく戴く
相変わらずおいしい

さて、今回のメンバーは、ハドウスライヴのプロデューサー、
トム 兼松さんのギターと、ドラムは初めてご一緒させて頂いた
スコット・レイサムさん。

7/17/09_2

スコットさんは在日26年で日本語も普通に話す方でした(笑)。

初めてとは思えない演奏になって、お客さまも全員立ち上がって
踊って頂きました。

トムさんが声を掛けて、ヴォーカルの黒澤 まりささんが遊びに来て
歌ってくれました。

7/17/09_3

スコットさんとは8月19、20日と埼玉県羽生にあるイオンモール羽生
のハドウス羽生店でも演奏します。

お近くの方、ぜひお越し下さいませ。
2009..17 Gig comment0 trackback0

Leslie 2101mk2トレブルホーン、スピーカー交換

6月に行ったHot HouseでのGIGぐらいからLeslie 2101mk2
高音からみょーな歪み音がするようになった。

かわいが使っている2101mk2ハモンドスズキ社が開発の際に
チェック用に使っていたもので、いわゆる製品版ではない。

チェック時にはいろいろ負荷も掛けるので、そろそろ寿命を
迎えたのかも知れない。

これではよいサウンドが台無しなので、ハモンドスズキから
新しいトレブルドライバー(高音用スピーカー)を送ってもらった。

2101シリーズは最初のプロトから、もっと言うとコンセプトから
関わっているので、勝手知ったるなんとやら、である。

過去に何度も経験しておりまして…(笑)。
今回も自分で行うことにしました。

でも、みなさんは保証対象外になりますので
自分でやってはいけません

7/14/09

数分で無事換装完了
(ファストンはこの後、テーピングしました)

組み上げて再び電源ON。

おおっ、クリアになった

しかし、このLeslie 2101mk2は本当によく出来ている。
このサイズを越えた音がする。

前の21012101Pもあのサイズでよくもまぁという音では
あったが、この2101mk2は次元が違う。

サイズの3倍の音がすると言ってよいと思う。

よくもまぁ13cmしかないスピーカー2個で、こんな中低音を
醸し出せるものだと関心します。

それもいろいろパラメータがあるが、電源ONで即よい音だ
基本的に触らなくても調整しなくても「よい音だ」と思う音が
最初からちゃんとする。
まぁ、そうするようにハモンドスズキ開発部のスタッフとかわいで
作ったんですが

かわいも今後、より一層、これを使っていこうと思っております。

レスリー2101mk2、お奨めです!
2009..14 Hammond Organ comment0 trackback0

Tommy Campbell's Organ-Eyes Feat,岡安 芳明@Body & Soul

南青山Body & Soulにて、
Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでした。

7/11/09_1

今回はギターの岡安 芳明さんを迎えて行いました。

7/11/09_2

岡安さんが入るOrgan-Eyesは事実上、かわいのバンド状態です
今回はいつものLeslie32Hに加えて、Leslie21Hのダブルレスリーで
行いました。

7/11/09_3

トミーさんの友人でトランペット・フリューゲル・ホルンの
Dominick Farinacci(ドミニク・ファリナッチ)さんが急遽
入ることになりました。
ドミニクさんとは初競演でした。
素晴らしく正確なピッチでかつ、素敵なToneでした。

7/11/09_4

Body & SoulでこのA-100を搬入するのは、本当にたいへんです

7/11/09_5

2nd Setには友人のテナーマン、Raymond McMorrinくんが入って
くれて、さらに盛り上がりました。
2009..11 Gig comment0 trackback0

すごい車が出た

ちょっと前から知ってはいたのですが、今日BMW Japanから
メルマガが来て、以下のような車が売り出されると。

7/8/09

BMW X5M・X6M、だそうです。

0→100km/h、4.7秒だそうです。
バケモノです。

でも、いいねぇ。
2009..08 くるま comment0 trackback0

河合 代介×Tommy Campbell DUO@Organ Jazz倶楽部

OrganJazz倶楽部にて、初の河合 代介2days千秋楽です。

今日のお相手はMy Bro.Tommy Campbell

7/4/09_1

ん?なんかへんです(笑)。
リハでの風景。
ちなみにふたりとも本当に演奏しています。

7/4/09_2

みっちりリハーサルして本番です(爆)。

7/4/09_3

相変わらずのスピード。
音楽の大切さを彼から感じることもしばしばです。

7/4/09_4

休憩中、OrganJazz倶楽部特製のペペロンチーノを頂きました。
なにげにお食事もおいしいんですよ。

7/4/09_5

トミーさんとのデュオも足掛け6年。
これからもずっと続けて行く楽しいユニットです。

この日の演奏がOrganJazz倶楽部のスケジュールサイトに
リンクされています→ここをクリック
2009..04 Gig comment0 trackback0

河合 代介×岡安 芳明 DUO@Organ Jazz倶楽部

OrganJazz倶楽部にて、初の河合 代介2daysです

7/3/09_1

初日のお相手はギターの岡安 芳明さん。

7/3/09_2

この日の岡安さんは珍しく柄物のシャツ。

7/3/09_3

この日はKenny Burrellの「Do What You Gotta Do」を
演りました。
良い曲なんですよね。

7/3/09_4

いやぁ、岡安さんのギター、ソロはもちろんですが、コンピングが
素晴らしいんです

この日の演奏がOrganJazz倶楽部のスケジュールサイトに
リンクされています→ここをクリック

7/3/09_5

今回も自身のLeslie 32H(かわいの背後)を持ちこみました。
写真はOrganJazz倶楽部常設のLeslie122RV

いつも通り、カウンター脇の壁に設置し、スレーブとして
使いました。
つまりここからも音が出てます
これでお店のどの位置からでもハモンドオルガンB-3の生音を
聴いて頂けます
2009..03 Gig comment0 trackback0

峰 厚介×河合 代介DUO Guest:秋山 一将@高田馬場Hot House

高田馬場Hot Houseにて、久々の
峰 厚介さんとのセッションでした。
スペシャルゲストで秋山 一将さんも入って下さいました。

7/2/09

峰さんとのセッションは半年振りでしたが、楽しかったです。

そして、秋山さんとは約1年振りの競演でした。

秋山さんはジャズ・ギタリストにはとても珍しく、
ソリッドのギター(この日はテレキャスターでした)に
エフェクターを使って弾かれます。
2009..02 Gig comment0 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索