2009 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 08

Leslie 2101mk2トレブルホーン、スピーカー交換

6月に行ったHot HouseでのGIGぐらいからLeslie 2101mk2
高音からみょーな歪み音がするようになった。

かわいが使っている2101mk2ハモンドスズキ社が開発の際に
チェック用に使っていたもので、いわゆる製品版ではない。

チェック時にはいろいろ負荷も掛けるので、そろそろ寿命を
迎えたのかも知れない。

これではよいサウンドが台無しなので、ハモンドスズキから
新しいトレブルドライバー(高音用スピーカー)を送ってもらった。

2101シリーズは最初のプロトから、もっと言うとコンセプトから
関わっているので、勝手知ったるなんとやら、である。

過去に何度も経験しておりまして…(笑)。
今回も自分で行うことにしました。

でも、みなさんは保証対象外になりますので
自分でやってはいけません

7/14/09

数分で無事換装完了
(ファストンはこの後、テーピングしました)

組み上げて再び電源ON。

おおっ、クリアになった

しかし、このLeslie 2101mk2は本当によく出来ている。
このサイズを越えた音がする。

前の21012101Pもあのサイズでよくもまぁという音では
あったが、この2101mk2は次元が違う。

サイズの3倍の音がすると言ってよいと思う。

よくもまぁ13cmしかないスピーカー2個で、こんな中低音を
醸し出せるものだと関心します。

それもいろいろパラメータがあるが、電源ONで即よい音だ
基本的に触らなくても調整しなくても「よい音だ」と思う音が
最初からちゃんとする。
まぁ、そうするようにハモンドスズキ開発部のスタッフとかわいで
作ったんですが

かわいも今後、より一層、これを使っていこうと思っております。

レスリー2101mk2、お奨めです!
スポンサーサイト



2009..14 Hammond Organ comment0 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索