2009 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 09

河合 代介グループ@野乃鳥梅味堂、大阪

四国、大阪ツアーの最終日、大阪梅田にございます、
野乃鳥梅味堂さんにて、約1年振りのライヴでした。

店長さんが変わってしまったのですが、
相変わらず活気のある梅味堂さん

8_31_09_1

今回はかわいリーダーのギグなので、今年3月にご一緒した
おふたりに再びお付き合い頂きました。

ギターは畑 ひろしさん。

ドラムは東 敏之さん。

そしてかわいのトリオです。

8_31_09_2

相変わらず、いいひと全開(笑)の東さん。

8_31_09_3

ブルースの塊のようなプレイの畑さん。
右後ろにはご愛用のGibson EH-150アンプが見えます。

8_31_09_4

初めて梅味堂に自身のハモンドオルガンB-3Pmk2 DKspecial
Leslie 122(Original)を持参しました。
この日は122の他にLeslie 2101mk2
客席上部に設置しました。

この日もたくさんのお客さまをお迎えしました。
最後は「Sunny」を大合唱していたような…(笑)。

大阪はいつも楽しいです。

というわけで、四国、大阪ツアー終了で今年の夏も
終了でした。
スポンサーサイト
2009..31 Gig comment0 trackback0

河合 代介スペシャルオルガンクリニック@YSコーポレーション

今日は大阪のハモンドオルガンの聖地(笑)、
YSコーポレーションさんでオルガンクリニックの
第2弾。

今日は8名の個人クリニックを行いました。

かわいは講師歴も免状もないシロ講師(シロタクみたい?)ですので、
カリキュラムはなく、受講された方の質問に答える形で進めました。

今回ダントツに多かった質問は、

ジミー・スミスの「しゅわしゅわ」って
弾くのはどうやってるんですかぁ?


でした。

この奏法、ジミーさんの「Mack The Knife」
(アルバム"Crazy Baby"収録)に代表される、

Crazy! BabyCrazy! Baby
(1991/12/10)
Jimmy Smith

商品詳細を見る

ジミーさん考案の奏法で、聴いただけではなにをしているのか?
どうやったらあんな風になるのか?というもので、
かわいが知ってる範囲でもこの奏法を正確に演奏出来て
いるプレイヤーは、世界的に見てもなにげに少ないと思います。

レジストレーション、シチュエーション、そして奏法を
正確に伝えて、みなさんなっとくされてました。

その他にも、

「左手のベースと足のベースの使い分けについて」

だとか、

「ベースのアクセントにエクスプレッション・ペダルを
 どう使ったらよいか?」


とか。

楽器のことでも、

「レスリー2101をレコーディングで使用する場合、
 どのようにマイクを立てたらよいですか?」


とか、

「13鍵のベースペダルと25鍵のベースペダルでは
 奏法に違いがあるか?」


など、この他にもたくさんありました。

前回受講された方のほとんどがまた受講されてました

ハモンドオルガンの奏法、構造についての情報はインターネットが
普及した昨今でも、まだまだ把握するのは難しく、また情報が
正確であるか?どうかもかえって判断が難しい時代に
なっていると感じています。

しかしお昼12時から夜8時まで、ぶっ通しのクリニックは
疲れました(爆)。
しかし、受講された方の謎が解けたという笑顔を見ると、
疲れも吹き飛ぶかわいでした。
2009..30 Hammond Organ comment0 trackback0

京都と彦根

今日はオフでした。
本当なら毎年伺っている彦根にある金亀さん(酒元)での
ライヴだったのですが、先方の急な事情で取りやめになって
しまいまして、オフになったので、お昼は京都に行って
中井 勉くんと昼食しました。
京都は食事がおいしいです

勉ちゃんと昼食後、イノダコーヒーでおいしいコーヒー
頂きながらゆっくり話をして、京都を後にし
今度は彦根に向かいました。

彦根には冒頭書きました金亀さんがあるのですが、
そのライブに毎年欠かさず来て下さるご夫婦がいまして、
お宅に遊びに行ってきました。

夕食に通されたのは、おいしい豚しゃぶのお店。
つゆしゃぶ「駒吉」。

おつゆに刻んだ長ねぎをこれでもかと入れるんですよ。
あまりにうまくて撮るのを忘れてしまいました

とてもおいしかったぁ

彦根にあるここが本店ですが、支店がなんとっ東京に2店舗も
あるそうで、東京に帰ってからぜひ一度行きたいと思いました。
2009..29 日々の機微 comment0 trackback0

徳島→大阪、移動日

今日は旅の中休み、徳島大阪へ移動日です。

最近は夜遅くてもなるべく朝食を取るようにしています。
ホテルにはそういうわたくしにはありがたいサービスが
あります。

最近ビジネスホテルを中心に朝食バフェ(バイキング)が
充実してきているようで、今日泊まったメイアップ徳島では
焼きたてパンや、50種類のおかずがあるとのことで
楽しみにしておりました。

で、早速頂くと。

8_28_09

おいしかったですよ
写真はパンが写っていませんが、もちろんパンも
頂きました。

ホテルで焼く自家製パンを出すところが増えていて、
なかなか面白いです。

大阪に無事到着し、洗濯をしました(笑)。
今回は8日間も出てしまうので、下着以外のものはここで
洗うことにしました。
2009..28 Tour comment0 trackback0

HARU/KAWAI Quartet@ギャラリー花杏豆、徳島

朝10時ホテルにて、堤さんに見送って頂き
(昨日3時半までご一緒だったのにも関わらず…ありがとうございました)
今日は徳島へ。

道中、どうしても寄りたい…。
そう、さぬきを素通りするわけにはいきません。

というわけで、松山自動車道の伊予にほど近い入野PA(上り)に入りました。

小さなPA内のこかげ亭にて昼食。

8_27_09_1

写真はぶっかけです。

8_27_09_2

こちらはかけうどん。
ゴマを入れました。
美味しかったぁ

というわけで、お昼過ぎに徳島入り。
先にホテルにチェックインして、バスで移動している
HARUさん、Rayちゃんたちと合流。

今日伺ったのは、ギャラリー花杏豆さん。

8_27_09_3

ステージの後ろが山になってて、ガラス越しに木々が
ライトアップされていて、とてもきれいです。

1st StageはHARUさん、Raymond、かわいのトリオで。
なにげにこのメンバーでドラムレスで演奏したのは初めてでした。

8_27_09_4

横に長い客席の隅までいっぱいのお客さまを
お迎えしました。

8_27_09_5

2nd Stageはギャラリー花杏豆のハウスドラマーでライヴの
コーディネーターの大崎 弘一さんを迎えてのカルテットで。

8_27_09_6

比較的年齢層の高いお客さまが多かったのですが、
みなさん最後まで聴いて下さって、本当に嬉しかったです。
2009..27 Gig comment0 trackback0

HARU/KAWAI Quartet@JAL CITY松山、松山市

4月末に初めて伺った松山に再び参りました。

オーガナイザーは松山を中心に活動されている、
堤 宏文さん。

堤さんはもちろんジャズ・ドラマーとして活動もされておられる
わけですが、その他に2つの顔を持っています。

ひとつはプロ・マジシャンである。
このマジックは余興のようなレベルにあらず、
まさに一級品のマジックを取得されている方です。

もうひとつは、Jazz & Magic wbgoというBarのマスター。

ちなみに、写真もプロ並みです

8_26_09_1

そんな堤さんのお誘いで短期間に再び松山に来ることになり、
堤さんとも再会し、そして、同じメンバー、
ギターの高内"HARU"春彦さん、テナーのRaymond McMorrinくんと
一緒に演奏しましたのは、JAL CITY松山

8_26_09_2

ドラムの堤さん。

このセッションの前のステージでは、マジックショーもして、
さらにはその前、PAのセッティングからわたくし達のケアまで
本当に頭が下がります。

改めまして、ありがとうございます。

8_26_09_3

Haruさんは今回TC electronicの新しいコンパクトなリバーブ
エフェクターを持ちこんでいました(写真左下)。

8_26_09_4

Raymondは2週間前、かわいと仙台でのギグの後、
ハンク・ジョーンズ氏との初セッションがあって、
その話で盛り上がっておりました。

8_26_09_5

Hammond B-3Pmk2 DKspecialのセットアップもかなり
進んで、弾き心地、音色ともまずまずよくなってきました。
でも、もっとよくなる予感がします。
引き続き、調整します。

8_26_09_6

ヴォーカル・ゲストは矢野 麻衣子さん。

お客さまもたくさんでこの日もA Trainで締めくくりました。
お越し頂いたお客さま、ありがとうございました。

この後、堤さんのお店、wbgoで堤さん、堤さんの奥さま、
お嬢さん、Haruさん、Haruさんアシスタントの阿部ちゃん、
Rayちゃん、かわいとうちのカミさんで打ち上げ。

午前2時を過ぎた時、サックスの太田 剣くんから連絡が…。
というのも同じ日に松山に来ているのをお互い事前に知っておりまして、
会えたら合流しようということになってました(笑)。

というわけで、剣ちゃんとデュオで来ていたギターの
小沼 ようすけくんの2人がwbgoに来て、さらに盛り上がる

この後午前3時半まで堤さんのマジックを堪能して
お開きになりました。

堤さん、本当にお疲れさまでございました。
2009..26 Gig comment0 trackback0

浜松→松山へ、移動

今朝、浜松の定宿を出発しまずはハモンドスズキ本社に。
先日具合が悪くなってしまったベースペダルの修理の
お願いと、代替えのペダルをお借りする。
いつもありがとうございます。

そして、一路松山へ。

途中昼食はちょっと冒険してみたくなり(笑)、入ったことのない
赤坂PA(下り)に入ってみました。
東名高速、豊川ICの先。

これが…当たりでした

8_25_09_1

かき揚げきしめんと菜飯
めちゃめちゃおいしかったぁ。
出汁最高でした。
お奨めです

8_25_09_2

写真は、瀬戸大橋の与島PAにて。
瀬戸大橋を渡っているところで与島に降りて行くように
なっているPAで、なんかよい感じのところでした。

8_25_09_3

写真は石鎚山SA(下り)のフードコートにて晩ご飯を頂く。

8_25_09_4

浜塩ほるもんラーメン。

これがまた食べたことのない味でおいしかったです。
ラーメンにホルモンが入っているんですよ
ホルモンがぷるぷるしてて甘かったです。
スープは浜千鳥から取った鶏ガラだそうで、コクのあるスープ。
また食べたいです。

しかし、ここに寄った最大の理由は、これ

8_25_09_5

純生大福

今年4月にたまたま立ち寄った時にこの大福に目が留まって、
試しにひとつだけ買ってみたところ、とってもおいしくて東京に
帰ってからもネットで探したのですが、この純生大福、
通販してないんですよ。
ここに来ないと食べられないんです。

大福に生クリームが入っているのはそんなに珍しくないのですが、
これにはなんとっ、伯方の塩が入っているんですっ
おいしいです。

そして、愛媛と言えば、

8_25_09_6

ポンジュース。

地域限定のものもあったりして、よい感じです。

というわけで無事に松山に到着しました。
800km、ちょっと遠いね(笑)。
2009..25 Tour comment0 trackback0

四国、大阪ツアー!

26日より愛媛県松山でのライヴに備えて、今日の夜より
オルガンを積んで出発です

松山まで片道約800km

8_24_09

今回のオルガンはB-3Pmk2 DKspecialLeslie 122(Original)
載せてきました。

写真は牧之原SA(下り)にて。

牧之原SAは食べ物おいしいですよ
お奨めです。

今日は浜松にて1泊。
2009..24 Tour comment0 trackback0

トム 兼松Session Trio 2days 2日目@HADOWS、羽生

ハドウス羽生店でのトム 兼松セッションの2日目です。

今日はオルガンがすでにセットされているので、
ベースペダルの重さの調整をしようとネジをゆるめていくと…、

んっ?

いつまで経ってもネジが取れないゾ?

おっ!

ネジが根元から回ってしまって、抜けるどころか、
締めることも出来なくなってしまった

どうしよう、ペダルを支えているネジなので、これが
ゆるんだままだとペダルの重さで音が出っ放しになってしまう…。
なんとか締める方法は?
と考えていると、トムさんが「ここのネジを外して付けてみては?」

8_20_09_2

これはオルガンの鍵盤部分を覆うフタの金具を止めているネジ。

8_20_09_1

みごとに応急処置完了
トムさんに感謝。

8_20_09_3

というわけで無事にライヴ・スタート。

8_20_09_4

スコットさんはかなり日本語もお上手。

8_20_09_5

この日は久々にデューク・エリントンの
「Take The A Train」を演った。
エリントンの曲はたくさん取り上げさせて頂いているが、
この曲は正直あまり演奏したことはなかった。
しかし、この曲はジャズファンでなくとも知られている。
お客さまの喜ぶ顔を見て、かわいもとても嬉しくなりました。

次回のハドウスギグは11月。
Brother Tommy Campbellとトムさんのトリオで、
越谷レイクタウン(ハドウスはmoriの方です)と、
イオン与野に伺います。
与野のハドウスは約3年振りの出演です。
楽しみだ。
2009..20 Gig comment0 trackback0

トム 兼松Session Trio 2days 1日目@HADOWS、羽生

今日は埼玉県は羽生にあります、イオンモール羽生内にある
ステーキハウス・ハドウス羽生店に伺いました。

羽生店に来るのは、昨年11月に初めて来て以来、今日で2度目。
岸店長とも久々に会えてよかった

早速オルガンをセット。
昨日の夜に頂いた新しいシステムをCFカードからロードする。
B-3Pは先代からだと7年ぐらい使っていますが、CFカードを
挿したのはこれが初めてでした(爆)。

無事に修正され、チューニングに入りましたが、思ったより
早い段階でよい感じになりました
後は細かいことをちょっとずつ修正する感じです。

ひと安心

8_19_09_1

メンバーは先月7月に浦和美園で行ったスコット・レイサムさんと
トム 兼松さんのセッション・トリオ。

8_19_09_2

ハドウスのライヴ・プロデューサーでギタリストの
トム 兼松さん。

8_19_09_3

スコットさんのドラムは力強い
写真はたぶん「Sunny」のエンディング

8_19_09_4

羽生のお客さまはライヴをとても楽しみにして下さっているので、
こちらもついつい張り切ってしまいます。

2daysなので、楽器はこのままでいいのが、嬉しい(笑)。
2009..19 Gig comment0 trackback0

B-3Pmk2 DK Special Shakedown@Body & Soul

定例のTommy Campbell's Organ-EYES Session Band
at Body & Soulです。

8_18_09_1

先日届いた新しいHammond B-3Pmk2 DK Special
シェイクダウンです。

レスリーは122(Original)を1台使いました。

しかしこの日はリハーサル時にシステムのバグが発覚し、
(注:このバグはDK Specialのみの症状で製品版にはございません)
正常な音が出ない状況での演奏に…

すぐにハモンドスズキ開発担当のTさんに電話。
明日の夕方までにということだったのですが、
ギグが終わって深夜に帰宅すると、すでに修正版が
届いておりました

というわけで本日はゲインの調整のみで演奏し、
細かくは明日、新しいシステムプログラムをロードしてからに
持ち越しとなりました。

8_18_09_2

相変わらず素晴らしいトミーさんのドラミング

8_18_09_3

ギターはレギュラーの高内"HARU"春彦氏。
今日もエレクトリック・シタールが染みました(笑)。

8_18_09_4

あまり知られていませんが、B-3Pmk2にもプリアンプに
真空管(12AU7)が使用されています

8_18_09_5

TOKUちゃんが遊びに来て1曲吹いてくれました。
TOKUちゃん、いつもありがとう。
2009..18 Gig comment0 trackback0

河合 代介×Tommy Campbell DUO feat.中井 勉@OrganJazz倶楽部

一昨日、昨日と仙台での公演を終えて、今日は東京。

仙台蔵王から戻るのにETC割引の影響などでの渋滞が
心配されましたが、無事に巻き込まれず東京に戻って
今日はOrganJazz倶楽部にて、かわいとTommyさんの
デュオに中井 勉くんが入ってのGIGです。

8_14_09_2

ここでのこのセッションももう3回目。
恒例になっております。

8_14_09_1

今年の勉ちゃんはひと味違う感じだったなぁ。

8_14_09_3

おいしいものを食べてるよい顔です

8_14_09_4

今年もお盆真っ直中のお忙しいところ、たくさんのお客さまを
お迎え出来ました。
ありがとうございました。

今年の勉ちゃんとのギグはこれで終了。
いつもだと、東京でもう1本ぐらい、後は京都、大阪、彦根と
あるのですが、今年は主催者さんのご不幸などで急遽取りやめに
なったりで、この3本のみでした。

また来年。
2009..14 Gig comment0 trackback0

中井 勉カルテット@ゆと森倶楽部、仙台蔵王

中井 勉カルテット第2弾。
今日は仙台蔵王にございます、ゆと森倶楽部でのライヴ。

8_13_09_1

仙台市内のホテル前にて、Rayちゃん。

左の車がかわいのディアスくん。左はゆと森倶楽部さんの車です。

8_13_09_2

同じくホテル前にて、勉ちゃんとかわい。
後ろにはBro.TCと、ゆと森倶楽部のスタッフさん。

さて、仙台蔵王のゆと森倶楽部へ

8_13_09_3

1時間ほどで到着。
さっそくお庭でランチを頂く
ハンバーグうまかったぁ

8_13_09_4

その上カツサンドまで。
おいしいかったぁ。

8_13_09_5

ホテルのロビーにて、演奏開始。
温泉でハモンドオルガン(笑)。

8_13_09_6

たちまち宿泊されているお客さまでいっぱいに(笑)。
浴衣ですな。

8_13_09_7

この日も1時間強という演奏時間で寂しかったです。
もう少しやりたかったなぁ。

演奏後は特別に露天風呂を貸し切りにして下さり、
川の流れるよい音を聴きながら、ゆっくり温泉を
頂きました。

さて、明日は東京はOrganJazz倶楽部だ。
倶楽部つづき(爆)。
2009..13 Live comment0 trackback0

中井 勉カルテット@仙台市民会館

今年も友人の中井 勉くんがNew Yorkから帰ってきました。

まずは仙台からというわけで、昨日の夜東京を出まして、
夜0時ぐらいに仙台に到着しました。

到着してホテルにチェックインし、コンビニにでもと
ホテルの近くのコンビニで買い物をしていると、
なぜか見知らぬ外人と勉ちゃんが入って来た

というわけで、なぜかコンビニで1年振りの再会(爆)。

一夜明けて、今日は朝からホテルで朝食バフェを頂きました。

8_12_09_1

右下の白い物体はとろろです(笑)。

さて、ライヴは、昨年9月と同じメンバー。

8_12_09_2

■中井 勉(Guitar)
■Raymond McMorrin(Tenor Saxophone)
■Tommy Campbell(Drums)
■河合 代介(Hammond Organ)

のカルテットです。

8_12_09_3

今年の勉ちゃんのギターはまたひとあじ違う、
なにかがありました。

8_12_09_4

Rayちゃんは骨太なサウンドで仙台のオーディエンスを
魅了していました。

8_12_09_5

このライヴ、とても面白かったのですが、演奏時間が
1時間ほどしかなくて、ちょっと寂しかったなぁ。

でもCDのサイン会なんかもして仙台のみなさんに楽しんで
頂けてよかったです。

さて、明日は仙台蔵王でのライヴです。

温泉だ!
2009..12 Live comment0 trackback0

新しい相棒です!

今日は待ちに待った日です。

かわいは朝から東京をひとり出て一路浜松へ。
ハモンドスズキ本社より「B-3P mk2 DK specialが出来ました!」と
連絡を受け浜松に行ってきました。

早速、ご対面。

8_6_09

素敵

かわいの要望で、通常のB-3Pのレザー仕様ではなく、
全体に木目のデザインにして頂きました。

サイドの取っ手の部分は形状をとても考慮して下さり、
木をくり抜いて作って下さいました。

そして中身はB-3mk2です。

B-3(P)mk2かわいが使用するB-3より全面的にサンプリングし、
音色、リーケージノイズ、パーカッション、ベースペダルなど、
細かく、そして出来る限りひな形のB-3に近づけてチューニングした
ハモンドオルガンなのです

今後はB-3A-100、そしてこのB-3Pmk2DKspecial
演奏します。

まずはこの次のBody & SoulでのGIGがシェイクダウンです。
楽しみです。
2009..06 Hammond Organ comment0 trackback0

松島 啓之×河合 代介Duo@高田馬場Hot House

高田馬場Hot Houseにてトランペットの
松島 啓之さんとデュオでした。

8_4_09

松島さんとは昨年末に岡安 芳明さんとトリオでの演奏が
初めてでしたが、今回はデュオで行いました。

温かいトランペットの音色はハモンドオルガンによく合います。
2009..04 Gig comment0 trackback0

タイヤ交換

今日はタイヤ交換に行ってきました。

昨年からこの7月末までの約1年間で25,000kmも
走ってしまい、タイヤがヤバくなりました。

我がディアスワゴンくんはどうも前のタイヤの向きが
あまりよろしくないようで、ここ数年タイヤが激しく
内減りする傾向にありました。

8_2_09_1

写真手前側が内側です。

行きつけのタイヤ屋さんに相談し、今回は思い切って
四輪アライメント調整をして頂く事にしました。

測定して頂き、やはり数ミリのズレが見つかりまして、
出来るだけ修正して頂きました。

そしてタイヤ選び。

8_2_09_2

以前はブリヂストンのRE-01を着けていたのですが、
今回はライフを考えて初めてPlayzにしてみました。

実はタイヤ屋に行った時、パンクしてました
パンクに気が付かないのも情けないです。
それより、これで数日後に浜松まで新しいオルガンを
受け取りに行く予定だったので、へんな汗が出ました。

気が付いてよかった。

タイヤは命を預けてます。

みなさん、タイヤのチェックはこまめに
2009..02 くるま comment0 trackback0

家庭のカレー

久々に家庭のカレー(?)が食べたくなり、
作ってみました。

8_1_09_1

結構な量になっちゃったなぁ。
夏なので、ナスをたくさん入れました。

8_1_09_2

おいしかったぁ
2009..01 料理 comment0 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索