2009 081234567891011121314151617181920212223242526272829302009 10

iPod用の真空管アンプ

御多分に洩れず、かわいも数年前よりiPodのお世話になっています。

iPodと言っても使用場所の多くはインドアなので、オーディオに
繋いで聴くわけですが、出来たらオルガンの上などでささっと
聴きたいと思ったのが、3年程前。

ヨドバシカメラ西口本店に行き、たくさんあるこの手のスピーカー
の中から、これを選んだ。

9_15_09_1

RockridgeSoundという会社のIST-01(B)です。

正直言って見た目はあまりイケてないのですが(笑)、
音はハモンドオルガンを再生するのにぴったりなんです。
オルガンのベースはうまく再生されないとよく聴き取れない
ことが多いのですが、これはとてもきれいに聞こえます

そのロックリッジサウンドからiPod用の真空管アンプが出ています。

9_15_09_2

これ。
VTS-384です。

かわいが使っているHammond B-3A-100や、XK-3cなどにも
使われている,

12AX7

が使われていて、パワー管はEL84で最大出力4Wというもの。

ただ少々値段が張ります。

9_15_09_3

同じロックリッジサウンドで、真空管とICのハイブリッドの
ISR-VT02というモデルも気になる。

ちなみにこちらの方が少々リーズナブル

真空管のアンプは本当に馴染みますねぇ。
スポンサーサイト



2009..15 音楽、CD comment0 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索