2009 101234567891011121314151617181920212223242526272829302009 12

トム 兼松Session@Hadows、与野

Hadows GIGの3日目、場所は変わってイオン与野内のHadows与野店にて。

11_26_09_1

与野のハドウスはちょっと特別です。
というのもハドウスの関東初の店舗で、かわいが初めて出演させて
頂いたお店なのです。

今回の出演はなにげに4年弱振りでした。

11_26_09_2

お客さまを煽るトミーさん

11_26_09_3

かわい@アゴ弾き中
盛り上がりました

というわけで、ハドウスギグ終了でした。
スポンサーサイト
2009..26 Gig comment0 trackback0

トム 兼松Session 2日目@Hadows、越谷

越谷のイオンレイクタウン Mori内のハドウスにて
トム 兼松さんのセッション2日目でした。

11_25_09_1

2日目もたくさんのお客さまにお出で頂きました
ありがとうございました。

11_25_09_2

トムさんは御自身の企画で、オーロラを観に行くツアーも
企画されてます。

11_25_09_3

そのトムさんのギターアンプ。
と言っても下の大きなフェンダーアンプではありません。

上に乗っている、このちっちゃいアンプで演奏していました
ギターはアンプが小さく軽くてよいですねぇ…。

11_25_09_4

トミーさん、よい顔して演奏してますね

11_25_09_5

おそらくJimmy Smithの「Midnight Special」の演奏風景。

ここで演奏するとお客さまも老若男女。
一度もジャズクラブに行ったことのないお客さまが多い。
だからこそ、楽しんでもらってまたステーキを食べつつ、
音楽を楽しんで頂きたい、そうかわいは考えております。
2009..25 Gig comment0 trackback0

トム 兼松Session 1日目@Hadows、越谷

越谷のイオンレイクタウン Mori内にあるステーキハウス、
Hadowsにてトム 兼松さんのセッションでした。

越谷レイクタウンに来るのは、約1年振り。

持参したハモンドオルガンは最近お気に入りのHammond B-3Pmk2です。

11_24_09_1

mk2になっていちばん変わったところは?
ずばり、リーケージ・ノイズです
リーケージ・ノイズとは、
ハモンドオルガンの音源である回転する歯車状のトーンホイールを、
ピックアップ(マイクのようなもの)で拾う時に、他のホイール
の音を少しずつ拾うことで、違う音が微かに混ざって出る音の
総称です。

ハモンドオルガンの音の空気感を作っているのは、
このリーケージ・ノイズと言っても過言ではありません。

mk2はこのリーケージ・ノイズをサンプリングではなく、
ノイズそのものを別途生成し、再構成して出しています。
なので、とてもナチュラルなリーケージ・ノイズが混ざった
ハモンドサウンドを作り出すことに成功しています。

Leslieは約55年前のヴィンテージレスリー、32Hと、
最新のLeslie2101mk2の2台。

11_24_09_2

ハドウスはアメリカンな内装ですが、お料理はとても和を取り入れた
親しみやすいメニューで人気のお店です。

11_24_09_3

ドラムはMr,Tommy Campbell

11_24_09_4

ギターはお馴染み、トム 兼松さん。
ハドウスライヴ全店のミュージカル・ディレクターです。

11_24_09_5

この日、プライベートで遊びに来られていたパーカッションの
横山 達治さんに入って頂き1曲。

演奏は1時間ずつ入れ替えの2ステージ。
でもこのメンバーで演奏するといつも1時間半越えに

というわけで、1日目終了。
2009..24 Gig comment0 trackback0

大槻"KALTA"英宣×河合 代介DUO@高田馬場Hot House

本日は高田馬場Hot Houseにてドラムの大槻"KALTA"英宣くんと
デュオでした。

11_23_09_1

いつものように盛り上がりまして…ご近所より苦情を頂いてしまいました

11_23_09_2

Hot House名物のお料理。
なんとチャージのみで、このお料理がもれなく付いてくる
(ちなみに飲み物は別途です)

Hot Houseにお越しの際はお腹を空かせてお越し下さい
2009..23 Gig comment0 trackback0

お食事会@筑紫楼

吉田 美奈子さんと広尾にある筑紫楼にお食事に行きました。

12月に行われる美奈子さんとのDUOの為の打ち合わせという
ことでしたが、もう料理がおいしくて…あはは。

もちろんちゃんと打ち合わせも致しましたです

11_22_09_1

活け車海老の湯引き。

実は筑紫楼には以前にも美奈子さんに連れてきて頂いた事が
あるのですが、その時にこの蒸しえびを頂きまして、

これがうまいんです

かわいもカミさんもいっきにお気に入りになりました。

11_22_09_2

えびしゅうまい。

えび尽くし。

11_22_09_3

そして筑紫楼と言えば、これ。
フカヒレの姿煮。

大きいです


11_22_09_4

絶品です

11_22_09_5

季節ということでなんとっ、上海ガニまで頂き、
感無量でございました。
2009..22 料理 comment0 trackback0

河合 代介×クリヤ マコトDUO@OrganJazz倶楽部

本日はOrganJazz倶楽部にて、
エモーショナルなピアニスト、クリヤ・マコトさんと
デュオでした。

クリヤさんとのデュオは約1年半前、クリヤさんからのお誘いで
長野は上田のClub Loftで行ったのが最初です。

その時、このデュオを是非東京でもやりましょう!と話して
いたのですが、今度はかわいの呼びかけに答えて頂き、
再会セッションとなりました。

11_21_09_1

ピアノとハモンドオルガンのデュオ、鍵盤が付いているということ
以外、まったく共通点がない、

ピアノとハモンドオルガンはどこが違うの?
という質問を受ける時があります。

いちばん大きく違うのは、

 ピアノは一度弾くと音がだんだん消えていってしまう音。

 ハモンドオルガンは一度弾くと鍵盤から離れないかぎり、
 鳴り続ける音。


似て非なる楽器のコラボレーション。
絶大な効果を楽器自身、そして演奏者のお互いが
引き出し合いながらアンサンブルして行く醍醐味。

11_21_09_2

かわいはクリヤさんのピアノのファンです
エモーショナルかつ、リリカルな部分も併せ持ち、
聴いているみんなを熱くさせます

11_21_09_3

クリヤさんのプレイに触発され、かわいもエキサイトして
しまいました

楽しかった

11_21_09_4

クリヤさんと、またやりましょう!とお約束して
終演致しました。

見逃してしまわれたあなた
次回をお楽しみに。

お越し頂いたみなさま、ありがとうございました。
2009..21 Gig comment0 trackback0

某レコーディング@ビクター401st

今日は某アーティストのレコーディングでビクタースタジオ
に行ってきました。

11_19_09

来年リリースの新曲でHammond B-3 Organを弾いてまいりました

リリースなど、お知らせ出来るようになりましたら
お知らせしますね。
2009..19 Recording comment0 trackback0

彦根を終えて

昨日のレコーディング・ライヴでの緊張から解けて、
今日、東京に戻る。

宿泊させて頂いたホテルレイクランド彦根の素晴らしい朝食を頂く。
ホテルに泊まってこんなおいしい朝食を出して頂いたのは
初めてだったと思う。
本当においしかった

11_12_09_1

食事を終えてロビーに戻ると、フロントの脇にこいつがいた

11_12_09_2

ひこにゃん

石のひこにゃんに再会を約束して(笑)彦根を後に。

11_12_09_3

とあるSAにて。
ハイエースにHammond A-100Leslieが2台、
それにトミーさんのドラム・フルセットが載っている。
すごいね、ハイエース。
恐れ入りました。
2009..12 Tour comment0 trackback0

レコーディング・ライヴ@ひこね市文化プラザ

というわけで今日はひこね市文化プラザ、エコーホールでの
レコーディング・ライヴ当日。

昨日の夕方に無事に会場に入り、楽器のセッティング。
無事に音が出てひと安心。

11_11_09_6

かわいは普段、自分の同じ歳のハモンドオルガンA-100
使っているわけですが、すでに44年経っているので、
家から持ち出す時は結構ドキドキします。

いよいよレコーディングです。

11_11_09_1

早めに会場に入って入念にサウンド・チェックと
リハーサルをして、本番です。

11_11_09_2

今回のテーマは「John Brown's Body」という曲。
日本では「リパブリック賛歌」というタイトルで有名ですね。
かわいのギグでとてもよく演奏している大好きな曲です。

11_11_09_3

My Brother, from another mother.
Tommy Campbell

11_11_09_4

今回のKey Man, 岡安 芳明さん。

11_11_09_5

というわけでたった1回きりのチャンスしかない、レコーディング・ライヴ
でしたが、大きなトラブルもなく無事に録り終えることが出来ました。

改めまして、このレコーディングに参加して下さったお客さまに
深く感謝申し上げます。

ありがとうございました。

2009..11 Recording comment0 trackback0

レコーディング・ライヴ、リハ日@ひこね市文化プラザ

明日、滋賀県にあるひこね市文化プラザで行われる、
かわい、Tommy Campbell岡安 芳明さんのトリオで
行われるレコーディング・ライヴの為、今日は前乗りで
彦根に入りました。

朝8時に予約したレンタカーを取りに行く。
今回借りたのは、運搬車の代名詞、ハイエース
一度乗ってみたかったハイエース(笑)。

今回は自身のHammond A-100 OrganLeslie 32H122
ひとつずつの計2台に、昨日ピックアップしたトミーさんの
ドラムセット(フルセット)を積み込むわけだが、
このように初めての車に楽器を載せ、しかも自分の楽器以外も載せる
というのは初めての事で、予定していた時間に終わらず四苦八苦。

なんとか載せて出発
しかし、ハイエースにはレスリーを横に2台並べて積める事が解り、
ちょっとハイエースに憧れる。

かわいはもともとキャンピング・カーが好きで、ハイエースには
その素養があるので、そういう点でも魅力がありますね。

11_10_09_1

というわけで大幅に遅刻しつつ走る。
今回借りたハイエースはガソリンエンジンの車だったのだが、
馬力も不足無く、よく走る。

11_10_09_2

というわけで彦根に入った。

明日はレコーディング・ライヴ。
レコーディング・ライヴの経験は何度もあるが、明日は
緊張しそうだ。

頑張ろーっ
2009..10 Tour comment0 trackback0

ドラムを載せてみる

明後日の11日、彦根でのライヴ・レコーディングの為、
Tommy Campbellのドラムをピックアップしに来ました。

かわいの車にはオルガンとドラムをすべて乗せることが
出来ないので、明日レンタカーしてそれで行くわけですが、
前日にドラムは受け取っておいた方がよかったので、今日取りに来たと

11_9_09

トミーさんのドラム、フルセット搭載しました。
バスドラム×3(!)、スネア×2、タム×4、ティンバレス、
パーツケース×4、マットなどなど。

載るのは判っていましたが、なにせ載せたことがないので
頭使いますね(笑)。

明日はこれらに加えて自身のハモンドオルガンとレスリー2台を
うまく載せなくてはなりません。

どうなることやら。
2009..09 Tour comment0 trackback0

S-GT観戦、最終戦@ツインリンクもてぎ

Super GT最終戦でした。


11_8_09_1

まずはARTA Garaiyaのピットに訪問。

11_8_09_2

レース前、グリッド上の高木さん。
サングラスが似合いますねぇ
サーキット以外でお会いする高木さんとは、
はっきり言ってぜんぜん違う(爆)。
かっこいい

そして今回、どうしてもグリッドウォークしたかったのは、

11_8_09_3

紫電を間近で見るため(笑)。
他の車のように思いっきり市販車って車でないこの紫電は、
速いんだけど…デザインがねぇ…。

11_8_09_5

今年のVIP SUITEの昼食。
ちょっと寂しい…。てか、大分寂しい。

ちなみに、4年前の弁当は、

11_8_09_6

ぜぇんぜぇんちが~う

11_8_09_4

レースはスタートから乗った新田さんから高木さんに変わって
わずか数周で他の車にサンドトラップに押し出されてしまい、
運悪くそこから出られなくなってしまって、結局2週遅れと
なってしまいました。
この段階で高木さんのレースとしては終了となってしまいました。
残念ですが、これもレースです。
来年も応援します
2009..08 くるま comment0 trackback0

S-GT観戦、予戦@ツインリンクもてぎ

恒例のSuper-GT観戦の為、吉田 美奈子さん、カミさんと3人で
ツインリンクもてぎに来ております。

例年は9月に行われるもてぎでのレースを観に来ているのですが、
今回は最終戦。

美奈子さんのご友人でレーシング・ドライバーの
高木 真一さんの応援で、ここ数年来ております。

11_7_09_1

ARTA Garaiyaのタイヤ。

かなりの接戦で迎えた最終戦。
明日の決勝が楽しみです。

11_7_09_1

お昼ご飯を場内のグランツーリスモ カフェで頂きました。

かわいはブラックカリー。
上に乗っているステーキは美奈子さんから頂きました

11_7_09_4

美奈子さんはGTツインカレー

11_7_09_3

カミさんはジェノベーゼを

それぞれ頂きました。

レース観に行って昼食の写真ばかりですみません(爆)。
2009..07 くるま comment0 trackback0

MAGIC MOUSEがやってきた!

昨日、新しいマウスがようやく届いた。

MAGIC MOUSE

appleの新しいワイヤレス・マウス。

11_6_09

これの前は、同じappleのMighty Mouseを使っていたのですが、
これには上部に豆粒みたいなトラックボールがついていて、
それでスクロールだの、さまざまな機能のコントロールが
出来るようになっていたのですが、使っていくうちにそのボールが
うまく動かなくなって、結構イラっとするんです(笑)。

でもこの新しいマウスはボールが無いんです。
マウスの上がトラックパッドのようになっていて、
いわゆるiPhoneやiPod Touchのように表面をなでることによって
コントロール出来るようになっておりまして、これが快適です
2009..06 日々の機微 comment0 trackback0

岡安 芳明×河合 代介DUO@高田馬場Hot House

高田馬場Hot houseにて、ギターの岡安 芳明さんと
DUOでした。

11_5_09

岡安さんのCompingは素晴らしい

ハモンドオルガンとのアンサンブルでのギタープレイヤーの
コンピングは、とても重要だと思います。

Coolでいて、熱い夜でした。
2009..05 Gig comment0 trackback0

そろそろ100,000kmが見えてきた…

愛車のディアスワゴンがもうすぐ10万㎞になる
乗り始めて来年で6年になる。

11_1_09

夏前にはエンジンからオイル漏れも見つかっていて、
さらにはクラッチ(かわいの車は5MT)も
だんだん滑るようになってきた。

加えて10万㎞になると、タイミングベルトも交換しなくては
ならない…。

どのタイミングで行うか?思案中なのである。
2009..01 くるま comment0 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索