2010 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 04

取材@かどやホテル、西新宿

ニューCDリリースに向けて取材の為、西新宿に行きました。

場所はかどやホテルのカフェ、カフェ・ラ・ヴォワにて。

3_23_2010

ここのカフェは、なにげに居心地がよくて、
取材や打ち合わせなど、ここを指定させて頂くことが
多いです

本日の取材はタワーレコードのフリーマガジン「Intoxicate」誌でした。

CDのこと、録ったライヴのいきさつ、
ドラムのトミー・キャンベルとのいきさつ(笑)、
このCDのプロデューサーであり、ギタリストの岡安 芳明さんのこと、
さらには楽器のことなど、短い間にもたくさんお話
させて頂きました。

嬉しかったのは、インタビュアーの方が、
「ジャケットがいいですね、とても楽しい感じが伝わります」と
おっしゃたこと。

Jazzときくと、難しい感じがしますが、音楽を聴くのに難しいも簡単も
無いと、かわいは思います。

かっこいいか、そうでないか、それだけだと思います。

かっこいいことは主観がとても影響しますので、断定的ではない
ことだと思いますが、聴いた方がそう思えば、それでよいのではと
思います。

なので、何度も聴いて頂ける、そして聴いて楽しくなるように、
そういう作品をと思って作りました。

河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
トミー・キャンベル 河合代介

商品詳細を見る

4月21日リリースです
スポンサーサイト



2010..23 日々の機微 comment2 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索