2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

Organ Jazz倶楽部一周年ライヴ!

この日はお昼に大井町きゅりあんにてHammond Festival 2007という、
ハモンドオルガン教室が主体の発表会がありまして、わたくしも観に行って
来ました。
きゅりあんの会場でわたくしを見かけた方は「どうして河合 代介が来てるの…?」と
お思いになったかと思います。話すと長くなりますのでまた別の機会に詳しく
お話したいかと思いますが、早い話がハモンドオルガンを習っておられる方が
どのような感じで演奏するのか?また、実際に音楽教室として有効に機能して
いるのか?を確認したかった為です。
昨年このフェスティバルに初めてゲストとして出演した際、出演していた子供たちが
どことなく「生きた音楽」としてハモンドオルガンに接していない感じを受けた
からでした。このつづきはまた(笑)。

さて、夜は中野区沼袋という、都内に住んでいる方でもあまり聞き覚えのない
場所で(お住まいになっておられる方、すみませんです。)、ジャズクラブを、
それもハモンドオルガンに特化したジャズクラブを1年前にオープンさせた
オーナー氏が当日「なんとかここまでやってこれた」とおっしゃっておりましたが、
本当によくやられたと思います(笑)。
そのOrgan Jazz倶楽部一週年記念ライヴをオルガン・プレイヤーの金子 雄太くんと
行いました
OJC 10/8/07_1
ギターにOrgan Jazz倶楽部最多出場ギタリスト、森 孝人くん、
ドラムは横山 和明くんでした。
ちなみにわたくしがHammond B-3の前で弾いているのはClavinet D6です。
久々にVOXのワウワウペダルを繋きました
お客さまは50名限定で50名と少し(笑)、来て頂きました
OJC 10/8/07_2
雄太くんとわたくしで交代で演奏し、みなさんに楽しんで頂きました。
1周年ということで、Organ Jazz倶楽部にレギュラーで出演しておられる、
野田 正純さんも駆けつけて下さいました。
OJC 10/8/07_3
このほかにも数人セッションに参加しまして、盛り上がりました。
OJC 10/8/07_4
お越し下さいましたお客さま、ありがとうございました!
スポンサーサイト



2007..08 Gig comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://dkhammond.blog79.fc2.com/tb.php/107-b428a803

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索