2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

XK-3cデモソング作り

このところハモンド・スズキよりこの冬にデビューする新しいハモンドオルガン、
Hammond XK-3cの評価という、いわゆる製品の音色、ディレクション及び、
機能などのアドヴァイスをしておりました。
トニー・モナコ氏と行ったギグの後、世界に2台しかないこのオルガンが
我が家に来ました。
11月に行われる楽器フェア2007で世界デビューが決まっており、
この時までに完成させなくてはいけないらしく、毎日この楽器に
向き合っております。といいますのも昨今はプログラムでかなり音色が
変わるので、ハードはそのままにソフトウェアを書き換えて煮詰めて行くと
いう作業でした。
作業はこれまた便利になりまして、静岡は浜松のハモンド・スズキ開発部で
作られたデータ類は、メールなどの添付で送られて来るという、便利な
状況でした。
具体的にはそうして作られ送って来たデータをウチにあるXK-3cに流し込み、
音を出してはこちらでいろいろパラメータを触ったものを送り返したり、
電話で話したりメールでやりとりしたりで、浜松から送られて来るデータ
が来る時間は、ふと気がつくと午前零時に近い時もありました。
エンジニアとディスカッションしつつ、世界中で売られるこの楽器を
チューニングしていくのは、楽しくもあり、難しくもありました。
9月半ばに浜松のハモンド・スズキ開発部に伺った時にデモ演奏の追加を
オファーされまして、1曲作りました。
XK-3c DEMO
「Midnight Scream」です。夜中に叫ぶのはうるさいです(爆)。
XK-3cが店頭やお手元に届きましたら聴いて下さいね。
XK-3cについての細かいお話はまた後日
スポンサーサイト



2007..13 Hammond Organ comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://dkhammond.blog79.fc2.com/tb.php/109-40240276

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索