2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

Tommy Campbell's Organ-Eyes Duo@Gallery Strenger

河合 代介新年最初のギグは、麻布十番にあるアートギャラリー
Gallery Strengerにて、Tommy Campbell's Organ-EYEs
Session DUOで行われました。
12日よりこのギャラリーで開かれるエティエ・ディマ・ポールセン展の
オープニング・パーティーでの演奏でした。
1/12/08_1
エチオピアの人がモチーフの作品たちに囲まれた演奏でしたが、
作品が近くにあるのでセッティング時は緊張しました
1/12/08_2
さてこの日のわたくしのセッティングは、昨年12月5日にハモンド・スズキ
よりリリースされたHammond XK-3c Organ DK Specialを使用しました。
Leslieは2101PでこちらもDK Specialでございます
Xk-3c for DK Special_3
キーの色が逆さまになっております
Xk-3c for DK Special_4
というわけで伝統のプリセット・キーが普通のキーの色に(爆)。
ピッチ・ベンド、モジュレーション・ホイールが木製なんです
さわり心地がとてもよいのと同時にデザイン的にも気に入っております
1/12/08_3a
トミーとのセッション時はオルガンが必ずB-3かA-100、レスリーも
1台、もしくは2台を使用するセットですので、XK-3cに小さなLeslie 2101P
というコンパクト・オルガンでのギグは初めてで少し心配だったのですが、
彼も「全然問題なく演奏出来た」と言ってくれました
Leslie 2101Pのポテンシャルも素晴らしいです
1/12/08_4
普段このセットでは高田馬場Hot Houseさんでのギグで使用して
おります。
今月は16日(水)、テナーの峰 厚介さんとデュオです。
よかったらお越し下さいませ。
スポンサーサイト



2008..12 Live comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://dkhammond.blog79.fc2.com/tb.php/141-a1a273a0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索