2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

The Other Side Of JAZZ@Motion Blue YOKOHAMA

昨年4月に沼袋Organ Jazz倶楽部で初めて行った、
The Other Side Of JAZZ。
わたくし河合 代介のハモンドオルガン・ソロ・ライヴの中で
ゲストに吉田 美奈子さんを迎えましてJazz Tuneを取り上げて
歌って頂くというライヴです。
今回は急遽決まったMotion Blue YOKOHAMAで行いました。
急に決まりしかもウイークデイであったのにも関わらず、たくさんの
お客さまにお越し頂きましてありがとうございました
MBY 1/21/08_1
まずはわたくしのソロから開始。
MOANIN'、YESTERDAYS、BABY,IT’S COLD OUTSIDEなどを
演奏しました。今回は久々に美奈子さんに書かせて頂いたBEYOND
わたくしのソロで聴いて頂きました。
MBY 1/21/08_2
そして美奈子さん登場。
初めてお歌いになられたSATIN DOLLから、BLUESETTE
そしてYOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS
美奈子さんのYou Don't Know~、シビれます
1部の最後にやったON A SLOW BOAT TO CHINAは美奈子さんには
レギュラーに歌って頂き、わたくしのみ倍のテンポで演奏しかなり
スリルある感じになったのではあはは。
ジャズを歌う美奈子さん、本当に素晴らしいです。
MBY 1/21/08_3
M.C.もしつつの演奏は結構大変っす
ここMotion Blueではこのところ定期的にソロをやらせてもらって
います、というか、やって欲しいとお店のマネージャー方が言ってくれて���񂿂�񂩁`�H���`
ありがたい事です。
MBY 1/21/08_4
今回持ち込んだのはHammond B-3 Organと向かって下手(左側)に
Leslie 21H、上手(右側)にこの日初めて使用したLeslie 32Hの
セッティング。
右の32Hは21Hのキャビネットに31H Series IIIのアンプを
インストールしたもの
このレスリーにとってこの日が初めての大音量耐久本番テストでした
リハーサルでは少しビビったりしまして再度調整が必要かと思われましたが、
演奏が始まって2部も後半に差し掛かったところで状況が変わってきた
感じがしました。わたくしの演奏に答えようとしている感じがしました。
まだまだですが、序々に鳴らして慣らしていこうと思っております。
次回は2月8日のCotton Clubで使おうと思っております。
みなさまのお越しをお待ちしております。
スポンサーサイト



2008..21 Gig comment2 trackback0

comment

河合 代介
太朗 さま

ライヴ、そしてカキコミありがとうございました。
「ジ~ンといい夜を」...とても嬉しいです。
次回もそう言って頂けるよう、頑張ります!
2008.04.06 11:46
太朗
コンバンハ。

Motion Blueでのソロライブ、
友達とともに堪能させていただきました。

河合代介さんの入魂のハモンドオルガン、、、
グッと身体で感じます。

これからも、
あちこちと、ライブに遊びに行かせていただきます。


ジ~ンといい夜を、ありがとうございました♪
2008.02.01 00:53

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://dkhammond.blog79.fc2.com/tb.php/145-494eb5bc

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索