2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

A-100運搬用台車製作記

この3~4年はNew B-3のポータブル版B-3Pで演奏する事が多かった
のだが、ここ1年程はB-3より幾分小さいHammond A-100オルガンを
手に入れたので、持って行ける時は極力持って行くようにしている。
しかしながらわたくしのA-100の重量は内蔵スピーカーやアンプなどを
外してはいるが、それでもB-3より幾分軽いぐらいである。
となると、どうしても優秀な台車が必要となる。
以前にハモンドスズキよりNew B-3用の簡易的な台車を作って頂いて
いたものを使っていたのだが、やはりサイズと重さが違う為、A-100に
適正化するために強化、改造をする事にした。
Full Swingの山口くんに手伝ってもらいながら、元の台車を少し切って
いく
A-100用台車を作る山口くん
あまりやった事が無いという言う割にはノゴギリさばきのうまい山口くん
採寸し、大きさをA-100に合わせ、車輪がくたばっていたので新しいものに
取り替え、そんなこんなでなにげに1日では終わらず2日間掛けて
バージョンアップされたA-100用台車です
A-100用台車完成
剛性が増したので安定性もよくなり、面積が小さくなったので小回りも
効くと
話は変わって壊れたiPodが新しくなって帰ってきました
iPod Photo交換
スポンサーサイト



2007..10 日々の機微 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://dkhammond.blog79.fc2.com/tb.php/20-74f72fb1

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索