2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

B-3が久々に…

先週突然B-3が故障しました
故障の症状はレスリーがファストからスローにならず、
終始回りっぱなし(爆)。
「たぶんレスリー側に原因がある」と踏んだかわいは、
自分で知る限りの事を施したのですが、まったく改善されません
これはどうもレスリーではないという事が判明。
自分でB-3側をチェック。
しかしどこも悪いところは見あたらない。
どうにもならないので主治医に電話で相談。
いろいろチェック点を伺う。しかしチェックするも怪しいところが
特定出来ない
そんなこんなしてるうちに今度は音も出なくなり…。

これは主治医に直接診て頂くしかないと、本日無理を言って
来て頂きました。

さっそく診て頂くと瞬く間に故障箇所発見

B-3修理 2/16/09

矢印のところ、線が繋がっているのが見えますが、本来は
見えてはいけません。
そう、ハンダ付けがされていないのです
どうもファクトリーからのようで、早い話が最初から
付いていなかったと。
ひぇ~~~~
なんと恐ろしい事でしょう。
このオルガンで何度もソロオルガンを行っています。
その公演中にこの症状が出たら…あぁ、恐ろしい。
さすがのわたくしでも公演中には治せませんよ。
で壊れてくれてよかった。
というわけですっかりよくなって元気を取り戻したB-3くんでした
スポンサーサイト



2009..16 Hammond Organ comment2 trackback0

comment

かわい だいすけ
ちーずくんへ

ハンダ落ちはびっくりだね。
また判りづらいところだったんだよね、これが。
でも電源トランスのすぐそばだからね。電気が行かなくなって
しまうわけですよ。そりゃ音出ないよね。
とにかく、直ってよかったです。
2009.02.26 12:45
ちーず
ほ、ほんとにハンダが無い!!
うちの業界ではあってはならない事です、恐ろしや。。。

ちなみに管楽器で使用してるのはヤニが入ってないので
はんだ付けの時に匂いません(笑)


2009.02.22 21:52

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://dkhammond.blog79.fc2.com/tb.php/269-775b18d8

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索