2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

尿管結石

本日、人生初めて、尿管結石に見舞われました。

朝4時に強力に左脇腹が痛くなり、脂汗が出て
今までに味わった事のない状況になりました。

しばらく様子を見たのですが、痛みは一向に和らぐ様子も
なく、この尋常でない痛みの原因もこの時は当然判って
おらず、痛みに合わせてとてつもない不安に襲われました。

朝になり、どうにも症状がよくならないので、意を決して
病院に向かう。

1時間半待って診察してもらうとあっけなく、

「尿管結石だね」とドクターの言葉。

Dr:「どっちが痛い?」
かわい:「左です」
Dr:「(背中から右側をこぶしで叩いて)どう?」
かわい:「痛くないです」
Dr:「(左を叩いて)こっちは?」
かわい「痛いです」
Dr:「とにかく水分をたくさん取って流れるのを待って下さい」
かわい「...はい」
Dr:「痛み止めで座薬を出しますね」
かわい「...はい...ん?」

このあたりで実は痛みはまったくもって無くなって
しまっていました。

どうやらドクターに背中を叩かれた時に外れたようで…

しかし久々に病院に行きました。

健康第一。
スポンサーサイト



2009..20 日々の機微 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://dkhammond.blog79.fc2.com/tb.php/343-158e14c3

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索