2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

Organ Fair2006@山野楽器"Jam Spot"

12月3日はお昼より銀座山野楽器に行ってきました。
同店が主催のOrgan Fair2006に出演する為です。
今回4名のオルガニストが出演しました。大高さん、諸岡くん、そして実はとっても
お久しぶりな再会であった窪田 宏さんとわたくしです。
ライヴは諸岡くんからそれぞれの編成で演奏するという、シンプルな構成でした。
わたくしは3番目に出させて頂きました。
OrganFair_2
XK-Evolutionをソロで弾きました。ソロ2Daysです
40分ほどの持ち時間でしたが、ついしゃべってしまいかなり押してしまいました
相変わらず靴下で弾くかわいです(笑)。
OrganFair_1
6曲程演奏致しました。オーディエンスのみなさまも無料ながらハンドクラップなども頂き
楽しくやらせて頂きました。
諸岡くんは彼らしくポップな選曲、大高さんはドラムとのデュオでの演奏でした。
ご自身のオリジナルをこれまたご自身で赤く塗ってしまったRoland VK-8、PK-7と
Nord Lead 2xとという赤いセットでかっちょよく演奏しておられました
窪田さんとは10年振りぐらいの再会でございました。とあるバンドが立ち上がるかも?
といった時にリハーサルをたった1回した時にお会いしたきりだったのです。
ご活躍の彼ですが、今回はD-DECKとステージアをL字にセットし、豪快に演奏されて
おりました。
D-DECK、オルガンとしてはなんですが(笑)、キーボードとしてはやはりよく出来て
いると思いますです。シンクのかかったシンセリード系なぞ、かなりよい感じですよ。
もっともっとオルガンを知って聴いて、楽しんで下さる方々が増えるとよいですね。
頑張ります!
スポンサーサイト



2006..08 Gig comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://dkhammond.blog79.fc2.com/tb.php/5-6ce2fd3a

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索