2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01

新しいHammond SK1/SK2 Launch!!!

4_1_2011_00


ハモンドスズキ社より、新しいハモンドオルガンがローンチされました


4_1_2011_1

SK1です!

かわいが開発チームと一緒に企画段階より携わり、デザイン、音色整音
プリセット制作(一部)まで、トータルでスーパーバイズさせて頂きました。

ちょー出来たてほっかほかのニュー・ハモンドです。
先週末に静岡県浜松市にあるハモンドスズキ本社で最終音色調整、チェックを
済ませて、いよいよローンチとなりました。

ハモンドオルガンは、重い、大きいというのが唯一のネガティヴ要素でしたが
SK1の重量はたった7㎏
大きさもご覧の通り、小さいです。

さらに収録音色がすごい。
ハモンドオルガン(Swell, Great, Bass Pedals)はもちろんのこと
VOX、FARFISAといったトランジスタ・オルガンの音色
そしてハモンドオルガンの元々の起源でもあるPipe Organの音色を
ストップ単位で収録。

そしてSK1のハイライト、エクストラ・ボイス・セクションの音色たち。

Acoustic Piano、Electric Piano、Clavinet、Solinaなどすぐに使える
ヴィンテージなキーボードたちがすぐにセットアップ出来ます。

さらにすごいのはオルガン系の音色とこれらのエクストラ・ボイスを
同時に操れるところです。
鍵盤をスプリットしてそれぞれオルガンとピアノなどに振り分けたり
出来るほか、レイヤー(重ねて)で鳴らす事も可能です。

強力なエフェクター・セクションがこれらの音色をバックアップし
繊細にかつ大胆にプログラムしてメモリしておくことが出来ます。

ジャズ・オルガンを演奏する方にはちょっとした朗報があります。
左手でベースを弾く奏法に左足でベースペダルのある音、もしくは
左手とユニゾン(同音)で演奏し音色やグルーヴに変化を付ける
テクニックがありますが、SK1ではベースペダルを使う事なく
同等の演奏をする事を可能にしています。(世界初!:笑)

もちろん、XPK-100XPK-200等のMIDI接続の出来るベースペダルを
使用することも出来ます

これ以上は文章で説明が出来ないので、かわいがSKを弾いている
ところを観に来て下さい(笑)。


さて、ハモンドスズキは世界中のハモンドオルガン・プレイヤーに
さらなるギフトを提供しました。

4_1_2011_2

SK2です!

究極のコンボハモンドです
音色、機能はSK1とほぼ同じでダブルマニュアルになっています。
そしてその重量は…たった16㎏です

同社のXK-3が19.5㎏、大ヒットとなったXK-3cでも18.5㎏です。
これらはシングルマニュアル(一段鍵盤)でこの重さのところ
SK2はダブルマニュアル(二段鍵盤)で16㎏なのです。

軽いんです!!

価格はオープンプライス、国内リリースはSK1が5月末
SK2が7月末の予定だそうです。

かわいもこのハモンドオルガンでギグする日を楽しみにしています
スポンサーサイト



2011..01 Hammond Organ comment4  trackback(-)

comment

かわい だいすけ
you-ta さま


>ごぶさたしてます。

いやいや、ご無沙汰ですね。御子息共お元気そうでなによりです。

>ぅわーーーーー
>コレ、超ほしいですー!!

お待たせ~って感じですよね。(汗)
とってもよい感じですよ。
もう少しするとかわいがA-100オルガンと比較して
演奏しているビデオがハモンドスズキHPに出ると思います。
音色などもちょっと聴いてもらえると思いますので
お楽しみに!

>ライヴやる機会はめっきり減ってしまってますが(汗)
>河合さんが披露するの聴きに行きたいです!
>待ち遠しいーー!

ありがとうございます。
東京でのお披露目はちょっと先になるかもですが、
必ずどこかで見て頂けるようにはなるかと思います。
お楽しみに~!
2011.04.13 12:03
you-ta
ごぶさたしてます。
ぅわーーーーー
コレ、超ほしいですー!!
ライヴやる機会はめっきり減ってしまってますが(汗)
河合さんが披露するの聴きに行きたいです!
待ち遠しいーー!
2011.04.13 11:43
かわい だいすけ
えがみ さま


書き込みありがとうございます。
ようやくハモンドオルガンとして、もっとも軽い(ハモンドJr入れず:笑)
モデルだと思います。

たしか、背中に背負える専用のソフトケースが用意されると思います。

> ライヴの度にXK3+XLK3を運ぶのに比べれば、
> どんなにエネルギーを浪費せずに済むだろうかと思うと、
> 涙が出てきます

  そうですよね。XK-Evolutionもそれなりに重いですよね。
  でもこちらはこちらで、PortaB-3mk2に比べて約半分の
  重量ですし、ひとたびセットすればB-3と変わらない
  ファンクションで演奏出来る、唯一無二のハモンドで
  あるのには代わりがありませんよ。(^_^)
  演奏する形態によって選べるようになるという事が
  素晴らしいですよね。

> オルガン音源部はXK-3(c)あたりと同等なのですか?

  音源部はXK-3cとほぼ同じものだったと思います。
  ただ音が出るまでの回路が新設計されています。
  音色では…例えばキークリックの感じが変わりましたね。
  よい感じですよ!

> 試奏の機会があれば演奏してみたいですね。

  音そのものは正真正銘、ハモンドオルガンなので(笑)
  リリースされましたらぜひ実機をご覧頂けたらと思います!
2011.04.02 11:25
えがみ
何が素晴らしいって、とにかく軽いのが素晴らしい!笑
ライヴの度にXK3+XLK3を運ぶのに比べれば、どんなにエネルギーを浪費せずに済むだろうかと思うと、涙が出てきます…色々な意味で。汗

オルガン音源部はXK-3(c)あたりと同等なのですか?
いずれにせよ、試奏の機会があれば演奏してみたいですね。
2011.04.02 03:28

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索