2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

ジョージ・ブレイスツアー@ギャラリー卯兵衛、佐原


George Braith Japan Tour2015の16本目
千葉県香取市、佐原にありますギャラリー卯兵衛にて
かわいが参加するジョージさんの最後のギグでした

8_21_2015_1

5年前にもジョージ、小林さんとともに伺った
ギャラリー卯兵衛さん

8_21_2015_2

ジョージさんも最後まで元気な76歳でした

8_21_2015_3

とても61歳には見えない
今回のツアーの企画者でドラマーの
小林"Monky"陽一さん

8_21_2015_4

かわいも最後のギグを楽しみました

8_21_2015_5

ヴォーカルの平野 貴美さんはこちらが地元

というわけで7月22日にリハーサルで再会して
丸1ヶ月間ほぼ毎日ジョージの音楽に触れて
改めて思う事がたくさんありました

彼の一見奇抜にも見えるBraith a Hornに
気を取られがちですが
彼が生きてきたJazzが花盛りだった頃の
考え方
音楽が生まれていく瞬間を
どう感じるか?

このような事は
かわいが感じたごく一部ですが
演奏中や普段のなにげない事で
思う事がありました

Real BLUENOTE Legend
George Braith

I appreciate it
and
See you next time.
スポンサーサイト



2015..21 Gig comment0  trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索