2018 081234567891011121314151617181920212223242526272829302018 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

NAMM Show2016@3日目

NAMM Show 2016の3日目

この日は初日に見て気になった物を
もう1度見直す日にしました

先ずはこれから

メインエントランス近くにどーんと構えられている
Dave Smith Instrumentsが昨年リリースし
とっても気になっていたシンセサイザー

Prophet-6

1_23_2016_1

初めて触りましたがまさにProphet Soundでした

間違いなしですね

続いて
鈴木楽器製作所のブースの隣りに構えられていた
Marion Systemにて

Tom Oberheim
Two Voice Pro

1_23_2016_2

これが現代に再現されている事が
ただただ嬉しいです

これ欲しいなぁ

1_23_2016_3

初日から精力的にNAMM Showを探検する
Dr Lonnie Smithと

1_23_2016_4

Hammond Suzuki USAブースにて
日本未発売のLeslie 981
出力300W

1_23_2016_5

Hammond Suzuki USA営業部長のGreggさんと

1_23_2016_6

やっぱりmoogは落ち着く
子供の頃から弾いてからかなぁ

Sub37欲しいなぁ

1_23_2016_7

座布団に座ってmoogを触るという
純日本風な感じですが
周りにはサボテンとかあってナゾ

1_23_2016_8

昼食は一旦コンベンションセンターを出て
近くのインド料理屋に

Buffetでしたが種類もたくさんあって
美味しかったです

1_23_2016_9

iRig Keysなど素晴らしい製品を送り出している
IK Multimediaからちょっと楽しみな製品が展示されていました

iRig BlueTurn
これで譜面めくりたい〜

1_23_2016_10

夕方になってハモンドのブースに
30年来の知り合いが来て下さいました

益子 治さん

10年振りの再会
元々はハモンドオルガンのエンジニア
今はニュージャージーにシンセサイザーを中心とした
お店をなさっております
会えて嬉しかったなぁ

明日はいよいよ最終日
スポンサーサイト
2016..23 Tour comment0  trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。