2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

Joe Zawinul pass the way...

JZ_1
わたくしが演奏、音楽ともに多大な影響を受けているキーボーディスト・作曲家の
ジョー・ザヴィヌル氏が今日亡くなった。
こういう日が来るのも予想していなかったわけではなかったが、昨今の彼の活動を
見聞きしているかぎり、そんなに体調についての話など聞いた事もなく、オフには
趣味のボクシングをされて体調管理をされていたハズだった。
とはいえ、今年の7月7日に75歳を迎えられたばかりだったし、それなりの高齢で
もう来日がないかもと思っていたところの訃報であった。
世界は、偉大な音楽家を失ったとわたくしは思っている。
昨年Motion Blue YokohamaにZawinul Syndicateとして公演されたのが
日本での最後の生演奏になったと思う。
その演奏は本当に神々しく、ただただ温かかった。
公演後舞台を下りる花道で、わたくしは彼と最初で最後の握手をした。
彼もまたJimmy Smith同様、神の手であった。
彼は常に音楽に純粋であったし、高い次元で音楽を楽しむ事が出来た数少ない
ミュージシャンであったと思う。
わたくしはあなたの音楽にこれからも影響され続けるであろう。

合掌

河合 代介
スポンサーサイト



2007..11 日々の機微 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://dkhammond.blog79.fc2.com/tb.php/97-aa9de5e8

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索