2018 081234567891011121314151617181920212223242526272829302018 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

XK-5 Virtual Multi-Contact Keyboard

ハモンドスズキ社より新しいムービーが届きました

XK-5に初めて搭載されたVirtual Multi-Contact Keyboard
(仮想多列接点)を解説したムービー(4分程)です

Hammond B-3などに代表されるトーンホイール方式の
ハモンドオルガン全般にはMulti-Contact Keyboard
(多列接点)が採用されており
これによりより複雑な音色変化
キークリック(Chattering Noise)が発生しているのですが
XK-5は3接点を搭載し
さらに各ドローバーに細かいディレイをかける事により
オリジナルのB-3の9接点に迫る感覚とフィーリングを搭載しました

ちなみにこの機構は他のあらゆるハモンドクローンにも
持たないXK-5独自のものです(現在特許出願中)

最初にこれを弾いた時は本当に素晴らしくて
涙が出そうになりました

ムービー後半で演奏しているのはXK-5(本体のみ)に
Leslie2101mk2単体(21H mode)を使用しています

Leslie2101mk2はかわいも長年GIG等で愛用していて
本当に頼りがいのあるLeslieです

あの小さな筐体のみでこの迫力
自宅などで鳴らすならコレでいいんじゃね?って感じですよ

ぜひご覧下さい!!

スポンサーサイト
2016..08 Hammond Organ comment0  trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。