2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

Jimmy Smith Live in France '69 DVD発売!

大変貴重なものがリリースされた。

Jimmy Smithの1969年フランスで行われたライヴの映像である。

10_30_09

このビデオ、音だけは先にブートレックCDとして出ていて
聴いていたのだが、今回それに映像が付き、さらには曲は
同じでもテイクの違うものが入っていて、とても興味深い
内容なのだ。

この映像を見て、やっぱりこの人がACEなんだと改めて
確認した。

音色、フレージング、スピード、グルーヴ、コードサウンドなどなど、
どこをとってもジミー・スミスでなくては成し得ない音楽だ。

ハモンドオルガンが好きな方、もちろんジャズオルガンを
志すものすべてにお奨めします。

ACEが残して下さった遺産ともいうべきビデオです。

Jazz Icons: Jimmy Smith Live in 69 (B&W Dol) [DVD] [Import]Jazz Icons: Jimmy Smith Live in 69 (B&W Dol) [DVD] [Import]
(2009/10/27)
Jimmy Smith

商品詳細を見る
2009..30 音楽、CD comment0 trackback0

吉田 美奈子&渡辺 香津美DUOを観に行きました

今日は六本木にございます、STB139にて、
吉田 美奈子さんと渡辺 香津美さんのデュオを
観に行きました。

10_16_09_1

久々にエントランスから入ってみました(笑)。

おふたりのデュオは、ここ数年見させて頂いておりますが、
今回のライブはまた一段と融合しているように思いました。

美奈子さんの素晴らしい歌と、香津美さんの素晴らしいギターに、
オーディエンスのみなさんはたくさんの拍手をされていました
当たり前ですよね(笑)。

10_16_09_2

終演後、楽屋におじゃましまして、香津美さんと2ショット。
撮影は鏡越しにも見えてますが、美奈子さん

お疲れさまでございました。
2009..16 音楽、CD comment0 trackback0

iPod用の真空管アンプ

御多分に洩れず、かわいも数年前よりiPodのお世話になっています。

iPodと言っても使用場所の多くはインドアなので、オーディオに
繋いで聴くわけですが、出来たらオルガンの上などでささっと
聴きたいと思ったのが、3年程前。

ヨドバシカメラ西口本店に行き、たくさんあるこの手のスピーカー
の中から、これを選んだ。

9_15_09_1

RockridgeSoundという会社のIST-01(B)です。

正直言って見た目はあまりイケてないのですが(笑)、
音はハモンドオルガンを再生するのにぴったりなんです。
オルガンのベースはうまく再生されないとよく聴き取れない
ことが多いのですが、これはとてもきれいに聞こえます

そのロックリッジサウンドからiPod用の真空管アンプが出ています。

9_15_09_2

これ。
VTS-384です。

かわいが使っているHammond B-3A-100や、XK-3cなどにも
使われている,

12AX7

が使われていて、パワー管はEL84で最大出力4Wというもの。

ただ少々値段が張ります。

9_15_09_3

同じロックリッジサウンドで、真空管とICのハイブリッドの
ISR-VT02というモデルも気になる。

ちなみにこちらの方が少々リーズナブル

真空管のアンプは本当に馴染みますねぇ。
2009..15 音楽、CD comment0 trackback0

名探偵コナン「漆黒の追跡者」本日よりロードショー

2月末にレコーディングした名探偵コナン「漆黒の追跡者」が
本日よりロードショーです。

TVのCMもたくさんやってますね。

ぜひご覧になって下さい。

名探偵コナン 漆黒の追跡者 オリジナルサウンドトラック名探偵コナン 漆黒の追跡者 オリジナルサウンドトラック
(2009/04/15)
サントラ

商品詳細を見る


サウンドトラックCDも発売中です
2009..18 音楽、CD comment0 trackback0

大野 克夫さんから…

2月末にレコーディングした名探偵コナンの劇場版
漆黒の追跡者(チェイサー)」のサウンドトラックCDが、
大野 克夫さんより直々に届いた

4/8/09

大野さん、いつもありがとうございます。

またひとつ、宝物が増えました。
子供たちにハモンドオルガンのサウンドが届くといいな。
2009..08 音楽、CD comment0 trackback0

「にほんのうた 第三集」に参加させて頂きました!

本日リリースの「にほんのうた 第三集」に
「早春賦」を吉田 美奈子さんとDUOで参加させて頂きました。

:上記リンクにほんのうた 第三集に行きますと"SOLD OUT"と記載されている件に
ついての説明は→こちら

にほんのうた 第三集にほんのうた 第三集
(2009/03/04)
童謡・唱歌bird

商品詳細を見る

是非聴いて下さい。
2009..04 音楽、CD comment0 trackback0

SUITE VOICE Liveを観に行きました!

SUITE VOICEという女性4人組のコーラスグループのライヴを
観に久々に渋谷に行きました(笑)。
今年の4月にNew Yorkでギターを弾いている中井 勉くんより
リーダーのBABIさんを紹介して頂いて、その後彼女たちがわたくしの
GIGに何回か観に来て下さったんです。
それというのも8月26日に行われる彼女たちのライヴにゲストで
出演することになったのです
この日のライヴは彼女たちの新しいCD「JAZZ CARAVAN」のリリース
記念ライヴでした。
もともとダンサー出身だったり、ミュージカルをやられてたメンバー
なので、歌、コーラスもさることながらダンスが素晴らしかったです
今からご一緒するのが楽しみです。
JZ Brat 7/1/08
ライヴ会場の向かいの歩道橋上より
夜の渋谷ぁ~
2008..01 音楽、CD comment0 trackback0

沢田 研二さんと井上 尭之バンド

昨今はYouTubeで昔のTVショーなどの映像を観ることが出来て
便利ですね。
わたくしの子供の頃のヒーローと言えば、沢田 研二さん。
この方に惹かれるのはもちろん"声"もありますが、
そのドラマティックな歌い方がとても好きです。
静から動、どの曲もこのアプローチがあり、今から思えば
そういうところにこの頃すでに共鳴していたように思います。
静があるから動が生きる、動のために静がある。
そう思います。

沢田さんと言えば「勝手にしやがれ」でレコード大賞を取った
わけですが、この曲の作曲者は大野 克夫さん。
この曲をはじめ、沢田さんとのコラボレーションはとてもたくさん
あります。
そして大野さんご自身がキーボーディストとして参加されていた
井上 尭之バンドが、当時の沢田さんのバンドを務めていました。
当時はなかなかビデオに残すことも出来ずにいた映像が、
YouTubeにありましたので、是非ご紹介したいと思います。

許されない愛

1972年のNHK紅白歌合戦の映像のようです。
この曲の作曲は大野さんではなく加瀬 邦彦氏ですが、
演奏がいのうえバンド、のちの井上 尭之バンドです。
大野さんはHammond L-112を弾かれています。



おそらく1985年だったと思います。
CX「夜のヒットスタジオ」での映像。
まず観て下さい
これをまず生放送でやるところに敬服しました。
本当に素晴らしい歌と演出です。ちょっと雨は降り過ぎですが
作曲は大野 克夫さん。
演奏はチト河内さんリーダーのCO-CoLOで、大野さんは演奏には
参加されておりません。
2008..06 音楽、CD comment2 trackback0

名探偵コナン「戦慄の楽譜」明日よりロードショー

今年3月にレコーディングに参加させて頂いた
名探偵コナン「戦慄の楽譜」が明日19日より全国ロードショー
です

そして大野 克夫さん書き下ろし、わたくしも参加させて頂いている
大野 克夫バンドでサウンドトラック盤も発売中

「名探偵コナン・戦慄の楽譜」サウンドトラック「名探偵コナン・戦慄の楽譜」サウンドトラック
(2008/04/16)
サントラ、赤池優 他

商品詳細を見る

今回もメイン・テーマでソロを弾かせて頂いております。
ぜひぜひ映画館で観て、聴いて下さいませ。
2008..18 音楽、CD comment2 trackback0

GREAT!!!

わたくしの相棒、World Geartist Drummer Tommy Campbell

彼がステージ時のわたくしへの紹介で
your brother, from another mother.
と言ってくれるのをとても誇りに思います。


Autumn Leaves

 ●Stanley Jordan : Guitar
 ●Charnett Moffett : Bass
 ●Tommy Campbell : Drums

この演奏、おそらく90年ぐらいだったと思いますが、TVで見てました
とてもスピーディーな"枯葉"で、当時びっくりした想い出がございます。
スタンリーの超絶タッピング・ギター・ソロ、そしてチャーネットの
パワフルなベースをより一層引き立てているトミーのドラミングぅ~



Drum Solo

この時からすでにソロは長い(爆)。
しかし、素晴らしい



One Melody

 ●John McLaughlin : Acoustic Guitar
 ●François Jeanneau : Saxophones
 ●Katia Labeque : Synthesizer & Piano
 ●Jean-Paul Celea : Bass
 ●Tommy Campbell : Drums
 ●Steve Seehan : Percussions

TommyはTokyoに定住して10年、これからもたくさんよい
音楽、そしてユーモアを届けてくれる事でしょう
2008..17 音楽、CD comment0 trackback0

プロフィール

河合 代介

Author:河合 代介
ハモンドオルガンの音が大好物な男のハモンドへの愛情日記(爆)。

Google自動翻訳

Release Note


オルガンアイズ
オルガンアイズ(2012/08/08)
トミー・キャンベル
河合 代介
高内"HARU"春彦
レイモンド・マクモーリン

最新作!

約9年続いたトミー、かわいをCOREにしたオルガンバンド"Tommy Campbell's Organ-Eyes Session Band" のファーストアルバム

バンドのリファレンスCDです




河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
河合代介×トミー・キャンベル フィーチャリング 岡安芳明 Live at HIKONE
(2010/04/21)
河合代介、トミー・キャンベル

2009年11月にひこね市文化プラザにてライヴ・レコーディングされたものです
プロデューサーにギタリストの岡安 芳明さんを迎え、古き良きハモンドオルガン・ジャズを現代に甦らせ、 現代の息吹を入魂したいとの思いで制作しました



空気音(Organ Sound)
空気音(Organ Sound)
(2008/10/24)
(オムニバス);トミー・キャンベル(ds);ハル高内(g);河合代介(hammond B3);Q・いしかわ(ts、vo);田鹿雅裕(ds);西川直人(org);高嶋宏(g)

2007年9月に南青山Body & SoulにてTommy Campbell's Organ-Eyes Session Bandでライヴレコーディングされたものです



LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
LIVE AT BURGLAR dedicated to Jimmy Smith
(2006/08/23)
河合代介、トミー・キャンベル

西麻布にある伝説のハモンドオルガン・バー、Bar Burglarにて、トミー・キャンベルとデュオでライヴレコーディングされたものです

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索